ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:パインハーストNo.2コース(ノースカロライナ州)

J.ミラード、自己申告で「全米オープン」出場資格が取り消しに

2014/06/08 13:00

ジェイソン・ミラードが最終予選(セクショナル クオリファイング)で自主的にペナルティを申告したのを受け、6月7日に「全米オープン」の出場資格をはく奪された。

全米ゴルフ協会(USGA)の副会長で、チャンピオンシップ・コミッティーの委員長でもあるダニエル・B・バートンは「ジェイソンがこの問題を我々に知らせたことを評価します」とコメント。「現時点では償還請求をすることはありませんが、“ゴルフルール”、特に34章1bにのっとって、彼の出場資格を取り消します」。

<< 下に続く >>

テネシー州メンフィスでの予選会では連続して「68」をマークし、大会への出場権を獲得したミラード。ペナルティが発生したのは、彼がコロニアル・カントリークラブのノースコース18番ホール(この日27番目のホール)で3打目に臨んでいた時だった。

「自分のクラブをバンカーにつけてしまったのは、間違いないと思う」と話すミラード。そんな彼に代わり、同じ予選会でオルタネート2位だったアマチュア選手サム・ラヴ(米アラバマ州トラスヴィル出身)が大会に出場する予定だ。「はっきりと何かを見たわけではないけれど、それでも何かを感じ、小さな刻み目が視界に入ってきた。それは一瞬の出来事だった。すべてを把握してはいないけど、自分は(クラブをバンカーにつけたと)確信している。このおかげで心がざわついた。5日間練習をしたけれど、この出来事は心に留まっていた」。

「(出場できないのは)とても残念だけど、自分の心の中ではおかしいと思っていた」と振り返るミラード。彼は今年の「ザ・ホンダクラシック」に出場し、ミドルテネシー州立大学ではオールアメリカンに2度選出された経験を持つプレーヤーだ。彼いわく「今回の(申告は)正しい決断だと思っているし、僕はそれを貫いている」という。

一方、急きょ出場が決まったラヴは今回が初の「全米オープン」となる。彼はアラバマ大学バーミンガム校(UAB)での4年目を終えたばかりで、コロニアル・カントリークラブでの予選会では「68」と「69」のトータル「137」を記録していた。

おすすめ記事通知を受け取る
情報提供:PGA TOUR

関連リンク

2014年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!