ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:05/29〜06/01 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

左手親指負傷のジェイソン・デイ 復帰への道のりを語る

「とてもフラストレーションが溜まる時間だった」。今週、オハイオ州ダブリンにあるミュアフィールドビレッジGCで行われる「ザ・メモリアルトーナメント」で1ヶ月半ぶりのツアー復帰を果たすジェイソン・デイ(オーストラリア)は、苦々しそうに振り返った。

今年2月に行われた「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」を制したデイだったが、その前から左手親指の痛みはあったという。「でも、(2週間後の)ドラル(WGCキャデラック選手権)ではゴルフクラブを振ることが出来なくなった。それが本当の始まりだったんだ…」。4月の「マスターズ」には強行出場。だがそれは、痛みの中での戦いだった。

<< 下に続く >>

復帰に向けて、デイは3度のコルチゾン(ステロイド)注射、経口ステロイド剤の投与、抗炎症作用のある塗り薬、ギブス、副木…、「すべて親指のためにやった」という。効果があったのは、3度目に行ったコルチゾン注射だった。「最初の2回とは違う医者だったんだけど、彼は問題がある小さな箇所のど真ん中に、“バン”って打ち込んでくれたんだ」。

怪我の発症は、木の根っこを打ったとか、なにかの衝撃によるものではないという。「彼(医者)は、使い過ぎだと言っていた。でも、今までに何球打ったかなんて分からない。だから、これはゴム紐みたいなものだと思っているんだ。どんどん伸ばしていくと、いつか弾力を失ってしまう。そういうことが、自分の親指に起こったんだ」。医者に言わせると、“ゴルフ指”。テニス肘のように、何人かのゴルファーに発生している症状だという。

その後、痛みが完全に無くなるまで、炎症を起こしていた関節周囲の何カ所かにもコルチゾン注射を打ち、今では痛みがない状態にまで回復した。「マスターズの時も含めると、(痛みがあったのは)ほぼ三ヶ月になる。それは長い時間だったよ」とデイは言う。「背中が痛くても、膝が痛くてもなんとかできるかも知れないけど、クラブを握ることができなかったら、面白くない。だから、手と指を過小評価してはダメなんだ」。(オハイオ州ダブリン/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!