ニュース

米国男子アーノルド・パーマーインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

独走のスコット「今日はのどが痛い」

2014/03/22 09:06

世界ランク2位のアダム・スコット(オーストラリア)が、米国男子ツアー今季初勝利へ早くも盤石のリードを築いた。「アーノルド・パーマーインビテーショナル」の初日にコースレコードタイの「62」をマークすると、この2日目には6バーディ、2ボギーの「68」。通算14アンダーまでスコアを伸ばし、後続には7打差を付けて週末を迎える。

前日のラウンド後には、開幕前まで発熱に苦しんでいたことを明かしたスコット。そして2日目は「昨日の朝に起きた時より、だいぶ良くなった。今は少し、ぼうっとしていて、のどが痛い。もう最悪ってほどじゃないって願ってるんだけど」という状態。だが、その言葉をにわかに信じがたいプレーがこの日も続いた。

開始5ホールはパーが並び、初バーディを奪った直後の7番でボギーを叩くなど、難しいピン位置もあって、さすがに停滞するかに思われたスコット。しかし9番で4メートルのバーディチャンスを活かすとエンジンがかかった。10メートルを沈めた15番からはこの日2度目の2連続バーディ。

「ビッグスコアを出した次のラウンドとしては最高だと思う。特にこういうコースでは簡単じゃないからね。1番で良いパーセーブ(2打目でグリーンを左に大きく外すも、4メートルのパーパットを沈める)ができたのが、昨日の勢いを止めなかった要因だったと思う」。最終18番での3パットボギーは、ご愛嬌だ。

「明日で勝負は決まらない。まだ折り返したところだよ。残り2日間で7打差なんて、十分なリードじゃない」と話したが、米ツアーで36ホールを終えた段階で後続に7打差のリードを付けたのは、昨季の「WGCブリヂストンインビテーショナル」を制したタイガー・ウッズ以来。米ツアー通算11勝目へ、早くもカウントダウンが始まった。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

<上位の成績>

1位/-14/A.スコット
2位/-7/J.B.ホームズ、F.ザノッティ、F.モリナリ
5位/-6/K.ブラッドリーJ.ドナルドソンJ.コクラックB.スネデカーM.ホフマン
10位/-5/石川遼I.ポールターJ.メリックC.ハウエルIIIM.エブリー

関連リンク

2014年 アーノルド・パーマーインビテーショナル

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~