ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

松山英樹、優勝射程圏内で3日目へ

2014/02/01 10:41


「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」2日目、5アンダーから出た松山英樹は、この日も「67(パー71)」とスコアを伸ばして通算9アンダー。暫定5位タイへと順位を上げて、決勝ラウンドへと駒を進めた。首位とは3打差の好位置につけている。

前日より最高気温は5度下がり、日中は風も強まった金曜日。初日は半袖でプレーしていた松山も、この日はセーターを着ながらのラウンドとなった。コンディション変化は「全然気にならなかった」というものの、ショットは乱れがちとなり、フェアウェイキープ率は71.4%から42.9%へと半減した。

それでも、スコアはじわじわと伸びていった。ドライバーが曲がってもアイアンで補い、アイアンがぶれてもアプローチでしのぐ。アプローチが寄らなくても最後はパターが待っている。前半9番ではグリーン手前24ヤードからチップインバーディを奪うと、15番(パー5)ではアプローチミス後に手前カラーから4メートルのバーディパットをねじ込んだ。

前半を4バーディ(ノーボギー)で折り返すと、後半は2バーディ2ボギー。リーダーボードに「Matsuyama」の名が表示されたが、「そう簡単に流れが続くとは思っていない。いずれ崩れると思っていた」と、他人事のように受け流した。

「ドライバーも悪いし、アイアンも良いわけじゃない。パターがちょっとマシなくらい」。スコアとは裏腹に、松山には修正ポイントが山積する。「スコアにはすごく満足しているけど、内容には満足していない」。

首位を3打差で追い掛ける決勝ラウンド。優勝を目指してギアチェンジしていくかとの投げかけにも、簡単には乗ってこない。「ギアなんて持ってない。普通にいつも通りやるだけです」。(アリゾナ州スコッツデール/今岡涼太)

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~