ニュース

米国男子ウェイストマネジメント フェニックスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

痛恨の2ダボ・・・石川遼、荒れたゴルフで65位タイ

2014/01/31 10:40


欠場者が出たことによる繰り上げ出場の連絡が来たのは、大会前夜19時過ぎのこと。「最後のスタートまで見送るつもりでいた」という覚悟から一転、石川遼は「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」初日、午前7時39分の1番ティに立っていた。

朝日がようやく顔を出した、まだ肌寒い空気の中ティオフした石川は、6バーディ2ボギー2ダブルボギーの「71(パー71)」と荒れたゴルフでクラブハウスに戻ってきた。イーブンパーの初日は暫定65位タイ、頭上から強い日射しの照りつける中、悔しさに顔がゆがんだ。

6つのバーディを奪ったものの、響いたのは2つのダブルボギーだ。後半11番では、残り179ヤードの第2打をフェアウェイからグリーン奧に外して、アプローチを寄せきれずに3パット。18番ではPWでグリーンオーバーし、下りのアプローチをグリーンに載せることができなかった。

砲台グリーンの周囲の芝は刈り込まれており、奧からのアプローチには繊細さが求められる。「うまくボールを拾うことができなかった。距離感を出せないというか、落とすべき所に落とせていない」。先週までのスクランブル率(パーオンしなかったホールでのパー以下の割合)は、49.47%で156位。「粘っこい芝に対応できていない」。米ツアー独特の芝とセッティングの攻略が今後の鍵となる。

ショットの距離感にも苦戦した。「最後もPWで6~7メートル奧に行っている。PWでああいうことはない。見た目、数字とのギャップがある」。空気が乾燥し、標高460メートルの地にあるTPCスコッツデールで、3~4%飛距離が増すことを想定していたが、まだその微調整はしきれてない。「数字でやると合わないということが(練習ラウンドで)分かったので、フィーリングというか見た目を大事にやっている」。パーオン率は72.2%と悪くはないが、そのミスを“スクランブル”できていない。

ホールアウト後の石川は、すぐにアプローチ練習場へと足を向けた。(アリゾナ州スコッツデール/今岡涼太)

関連リンク

2014年 ウェイストマネジメント フェニックスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~