ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2014年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/23〜01/26 トーレパインズGC (South)(カリフォルニア州)

27位浮上の松山英樹「復帰戦とは思っていない」

カリフォルニア州ラ・ホヤにあるトーレパインズGCからは、大会2日目終了後にフィル・ミケルソンが背筋痛のために棄権をし、3日目のセカンドカット(MDF)でタイガー・ウッズも姿を消した。だが、今大会が8週間ぶりの試合となる松山英樹は、予選通過後の3日目も「70」とスコアを伸ばし、通算2アンダーの27位へと浮上を果たした。

初日は4つ(ノース)、2日目は5つ(サウス)叩いたボギーが、決勝ラウンドに入ったこの日はサウスで僅か2つに抑えられた。バーディも4つ奪取。「途中からほんとに良い感じで(クラブを)振れていました。良い状態に近づいています」。松山の言葉にもようやく力が戻ってきた。

ホールアウト後の囲み取材、記者たちからは、矢継ぎ早に“復帰戦”に関する質問が飛んだ。“復帰3ラウンド目でのアンダーパーは早いと思うか?”“復帰初戦での予選通過は評価できるか?”

松山は丁寧に答えながらも、徐々に本音を見せ始めた。

「早いとは思わない。時間が掛かっているなぁって感じはします」。

「8週間休んでいる感覚はないし、去年までアマチュアで3月まではオフだった。休んでいる感じもしないし、みんなが復帰戦とか言っても、なんとも思わないです」。

怪我からの復帰という目で見ている周囲と、実際に戦う松山本人の感覚にズレがあるのは確かなようだ。「気持ちの上でブレーキをかけるようなところはあるか?」と不安の有無を問うと「かけてないです」ときっぱり返ってきた。

最終日は首位と6打差でスタートする。“優勝への意気込み”を聞き忘れたことが、後悔だ。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。