ニュース

米国男子AT&Tナショナルの最新ゴルフニュースをお届け

7試合ぶりの予選落ち、石川遼は「ショットが・・・」

2013/06/30 08:11


米国男子ツアー「AT&Tナショナル」の3日目、前日の予選第2ラウンドで7ホールを終えた時点でプレーが翌日に順延となっていた石川は、通算4オーバーから予選通過を目指してプレーを再開した。

午前7時の再開後の前半17番をパーで終えると、18番ではボギーを叩き5オーバーへ。後半に入ると1番でバーディを奪い4オーバーに戻したが、カットラインが3オーバーまでになることが序々に石川も把握し始めた。

スコアを1つでも伸ばしたい状況だったが、5番では1メートルのパーパットを外してしまう。「集中できてなかったですね。ショットも思ったところに打ててなかったし、ファーストパットがミスパットでしたね。でも、ああいうときでも入れなきゃいけないと思いますけど、それが整理できないで打っちゃったって感じです」と悔やむ。

そして迎えた最終9番パー5、ティショットを林に打ち込んでしまうが、2打目は果敢にもグリーンを狙った。「あれはどうなっても関係ないと思ったので。セカンドは(グリーンに)届かない距離なんですけど、3(イーグル)を狙っていきたいんで、なるべくグリーンの近くに打ったほうがっていう、エッジまで届けばいいなあって感じですかね」。

最後にイーグルを奪わなければ予選突破が不可能と、勝負に出た石川。そして狙い通りに、2打目でグリーン手前まで運んだ。しかし3打目のアプローチでカップインすることはできず、悔しいバーディフィニッシュ。通算4オーバーでホールアウトし、1ストローク足りずに米ツアーでは7戦ぶりの予選落ちが確定した。

ラウンド後の石川は「あまりこの2日間ショットが良くなかったので、来週までにまた良い準備をしたいと思います」。ミスショットの要因については「原因はわかっています」と話す。この日、唯一納得のいくショットが出た4番を引き合いに出し「ティショットはすごく軸が保てていたので、それがブレると左に行くことが多かったです」とミスの原因はスイング時の軸だと分析。

「ショットはそこだけ注意して練習して。多分時間があるので、納得できると思いますし、来週良い成績が残せるようにいい準備したいと思います」。決勝ラウンドの2日間のスケジュールが空いた石川は、スイングの調整に時間を費やし、次週「グリーンブライアークラシック」への準備に入る。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 AT&Tナショナル

GDOアマチュアゴルフトーナメント

エントリー受付け中!2013 GDOアマチュアゴルフトーナメント
5クラスからレベルに応じて選べる個人戦、気の合う仲間と楽しく参加できるチーム戦、息の合ったチームワークが鍵となるペア戦、それぞれエントリーを受付け中!他にも世界大会出場ペア決定予選会や競技初心者向けイベントなどを開催いたします。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。