ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 全米オープン
期間:06/13〜06/16 メリオンGC(ペンシルベニア州)

藤田寛之、上田諭尉は苦しみながら1Rを完了

今季の海外メジャー第2戦「全米オープン」が13日(木)、ペンシルベニア州のメリオンGCで開幕。悪天候による2度の中断の影響で、日本勢の松山英樹塚田好宣はいずれも7ホールを消化したのみに終わったが、午前スタートの藤田寛之上田諭尉はホールアウトし、それぞれ6オーバーの暫定133位タイ、8オーバー暫定148位タイとなった。

4年連続の出場となった藤田は出だしの11番からボギー発進。それでも約3時間半の中断を経た後、13番(パー3)ではウェッジでのティショットで、ピン奥からバックスピンで戻し、カップの左をすり抜けるスーパーショットを見せバーディを奪った。

しかしその後は18番で3オン3パットのダブルボギーを叩くなど、安定感を欠いた。2番(パー5)では2打目を「思っていたところにフェアウェイが無かった」と判断ミスからラフに入れボギーとすると、終盤は防戦一方に。大会前から風邪に悩まされていたが、体調も徐々に回復する中で悔しいプレー。

「後半にちょっとショットが悪くなった。全体的につかめていない感じ。やりたいことがやれていない」と、ため息をつく。「そろそろ結果を出さないといけない。出るだけではしゃぐ(出場)回数ではない」と危機感を募らせた。

一方、メジャー初出場となった上田は「自分で勝手にメジャーを意識し過ぎて、バタバタしてしまった」と8番までに5ボギー。12番ではティショットを右サイドのOBゾーンに打ち込むなどして痛恨のトリプルボギーを叩いた。15番で唯一のバーディを奪ったが、結局「78」。

「終盤は良いゴルフができたと思うけれど…。バーディは“お土産”みたいなもの。グリーンが見た目よりも速かった。明日はなんとか、0(イーブンパー)を目標にしたい」と、挽回に力を込めていた。(ペンシルベニア州アードモア/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 全米オープン

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!

アダム・スコット スペシャルコンテンツ公開中!
ユニクロは、2013年マスターズ優勝者のアダム・スコット選手を”グローバル ブランドアンバサダー”として迎え入れました。 アダム・スコット選手がトーナメントで着用しているウェアは、胸ロゴを除いてユニクロ店舗で販売しているウェアと一緒です。 つまり、普段の生活でも使えるものを、トッププロがゴルフで着用できるのがユニクロの良さです。 彼がPGAツアーで着用するウェアをスペシャルサイトにて紹介しています。



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。