ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

1997年 全米オープン
期間:06/12〜06/15 場所:コングレッショナルCC(メリーランド州)

タイガー・ウッズはオッズNo.1 余裕のラウンドで表情も明るいぞ!

月曜日、ようやくUSオープン・ウィークが本格的に始まった。
この日、タイガー・ウッズは軽くハーフラウンドの体慣らし。かるく調子をみるはずだったが、もちろん周囲はタイガー・マニアでぎっしり取り囲まれ、最後の9番にさしかかると「やれ!やれ!」と大歓声が巻き起こった。

セカンドのボールをピックアップしたタイガーはやおらそのボールをティアップ。なんとドライバーでグリーンに向かって打つパフォーマンスを見せ、ギャラリーは大喜び。ちなみこの9番は、607ヤードという超ロングホールだ。
ファンサービスする余裕さえあるタイガー。表情はくったくなく明るい。1週間の休養で、悪天候とショットの乱れで最悪だった先々週のダメージはすっかり消えているように見える。ショットは問題ないという感じだ。しかしグリーン上では、ちょっとナーバスな雰囲気も感じられる。コングレッショナルを征服するか、敗北するか、すべてはパット次第ということなのだろうか。

日本のジャンボは加瀬秀樹と組んでの練習ラウンド。これもハーフで止めるつもりだったのだが、つい残りのハーフもまわってしまった。せっかくラウンドし始めたんだから、やめるのはもったいなくなってしまったのだろう。
現地のオッズ(賭け率)ではもちろんタイガーがトップ。2番手はグレッグ・ノーマン。ノーマンの人気はやはりすごい。最下位はなんとコーリー・ペイビンで、1000対1! なんといっても元USオープンチャンピオンなのにね。

おすすめ記事通知を受け取る

タイガーウッズ プロフィール

本名エルドリック。「タイガー」は、父アールのベトナム戦争時代の戦友だった将校の名前から付けられた。AJGA(ジュニア)時代は今田竜二ともライバルだった。タイガー・ウッズ基金を設立し、ジュニア育成やチャリティ活動なども積極的に行っている。2004年10月にエリン嬢と結婚し、2010年に離婚。2008年は4月に左膝の手術を受け、約2ヶ月間ツアーを離脱。6月の「全米オープン」で復帰し、完治していない状態で、トリプルグランドスラムを達成した。2010年に起きたスキャンダル騒動後、左膝痛の再発も重なり一時は世界ランキング50位を下回る低迷ぶりだったが、2012年「アーノルドパーマー・インビテーショナル」で3シーズンぶりの復活勝利。同年は3勝を挙げて通算74勝目に到達し、通算勝利数でジャック・ニクラスを抜き歴代2位となった。2013年は5勝を挙げ、4年ぶりとなる賞金王奪還を遂げた。2015年8月末の「ウィンダム選手権」を最後に、腰の故障を理由に戦列を離れ、16年のツアー出場はゼロに終わった。2017年「ファーマーズインシュランスオープン」で1年5カ月ぶりにツアー復帰した。

コーリー・ペイビン プロフィール

カルフォルニア州生まれ。UCLAでも活躍し、82年にプロ入りを果たす。175センチ、70キロの小柄な体躯ながら、91年に賞金王を獲得、95年には「全米オープン」を制覇している。

関連リンク

1997年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!