ニュース

米国男子プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プエルトリコオープン
期間:03/07〜03/10 場所:トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)

遼、ショットが乱れ39位タイ「内容に悔しさが残る」

2013/03/11 07:37

昨年2位に入った「プエルトリコオープン」で、今年も3日目を終えて8位タイと好位置で迎えた最終日。上位進出を目指して最終組の4組前からティオフした。

だが、この日は肝心のショットの精度が上がらない。1番でガードバンカーに入れてボギーを先行させると、5番(パー5)で2オンに成功してバーディを取り返すも、7番ではティショットを大きく左に曲げてしまう。

<< 下に続く >>

左後方に木があるため、「通常のスタンスは取れないので、ボール近くに立って、短く持ってアップライトに振る。ピン方向に打つとバックスイングで木に当たってしまうので、15ヤードくらい左を向いた」という石川。6Iのショットで見事にグリーンをとらえ、5メートルほどのバーディチャンスにつけたが、このパットを決められず流れを掴めない。

その後もアイアンでグリーンを外してボギーにするという展開が続き、終わってみれば2バーディ4ボギーの「74」。上位が軒並みスコアを伸ばした最終日にオーバーパーでは戦えない。通算10アンダー、39位タイへと大きく順位を落とし、「内容に悔しさが残る」と唇をかんだ。

「今週は全体的にショットの精度が低かった。先週出来ていたことが今週出来ないのは悔しいです」。今年、スイング改造に取り組んでいる石川だが、4週前のノーザントラスト、先週のホンダクラシックと比べても、今週はショットに不満を抱えながらの戦いだった。

最終日にショットの精度が落ちた理由は「体力ではなく、スイングの完成度の問題」と石川。「これまでは4日間やって1日悪いのは当たり前だったけど、今は悔しいです」と求められるレベルが上がっていることも確かだ。

それでも、収穫はアプローチ、パターの向上と、最終日に好位置からスタートした経験だと前を向く。自身のプロ1年目、徐々にステップアップしていって優勝を掴んだ課程を、ここ米国でも意識している。(プエルトリコ・リオグランデ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プエルトリコオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!