ニュース

米国男子プエルトリコオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 プエルトリコオープン
期間:03/07〜03/10 場所:トランプインターナショナルGC(プエルトリコ)

遼、昨年と同じ2アンダー発進「まだ挽回できる範囲内」

2013/03/08 07:27


「プエルトリコオープン」初日、12時10分に1番からティオフした石川遼は、昨年2位の落ち着きを感じさせる安定したゴルフで前半戦を進めていった。

3番で2メートルのバーディチャンスを逃すも、続く4番で1.5メートルを沈め、続く5番パー5では2オンに成功して2パットで連続バーディ。グリーンを外した7番で、バンカーから1.5メートルに寄せたが、このパーパットは決めきれない。それでも、先週までの不安げなパットは改善の兆しを見せている。

<< 下に続く >>

10番、12番ときっちりと1メートルにつけてバーディを奪うなど、ショットは好調さをキープしている。13番では、3Wでのティショットが右に流れてラテラルウォーターハザードに捕まってしまう。そこからドロップしたのはカート道の上。さらに救済を受けることも出来たが、つま先下がりのラフよりも、アスファルトの上からそのまま打つことを選択した石川。8Iで放った3打目はグリーン手前に転がり落ち、アプローチも5メートルショートしたが、このボギーパットをねじ込む粘りを見せた。

15番(パー5)で2打目に直ドラを使ってバーディを奪い通算3アンダーとしたが、17番(パー3)で「いつもフォローの風なので緩んでしまった」とティショットを手前にショートし、寄せきれずのボギー。この日は5バーディ3ボギーの「70」と、昨年と同じ2アンダーでのスタートとなった。

「風が無い分、今年の方が同じスコアでも順位(昨年は初日21位タイ)は下がると思うけど、初日の1ストロークはまだ挽回できる範囲内」と石川。「内容はそんなに悪くないし、もう少し伸ばせたというか、落とさずにすんだと思う。すべてほんのちょっとずつ修正すれば大丈夫」と、前向きだ。

その要因は、好調なショットと共に、練習量が増えたことで手応えが出てきたパッティング。「最初は試合の緊張感とかがあってフィーリングが出ていなかったけど、後半は良くなってくれました。問題はフェースを向けたところにちゃんと出るかということ。ラインの読みとかタッチではなく、技術的なこと。先週までは練習不足が出ていたけど、徐々に良くなってきています」。

終わってみれば2アンダーは42位タイ。昨年よりも順位は下だが、石川の心境は決して悲観的ではない。(プエルトリコ・リオグランデ/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 プエルトリコオープン




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!