ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/14〜08/17 場所:オークヒルCC(ニューヨーク州)

全米プロ初日上位陣インタビュー

ロッド・パンプリング(首位タイ・-4)
「今日は2度フェアウェイキープが出来なかった。でも他はちゃんとグリーンを捕らえられたし、パットのチャンスも活かせられた。全体的に良い一日だったよ。」

ビリー・アンドレード(3位・-3)
「プレー中は3アンダーだとか、首位が4アンダーだとか考えてられないよ。目の前のショットをひとつひとつを必死にプレーしているんだ。」

リー・ジャンセン(4位タイ・-2)
「ティショットが乱れてしまう選手はフラストレーションのたまるラウンドだろうね。一方でロングヒッターではないけど、ショットに安定感のある選手たちがきっと有利だ。あとはショートゲームの良さが出せれば完璧だね。」

マイク・ウィア(4位タイ・-2)
「練習ラウンドでは納得がいくようなプレーができていなかったんだけど、昨日の練習終盤で調子が出てきて、さらに今朝のウォームアップが思うようにできたから今日は良いプレーができたよ。」

アーロン・バデリー(6位タイ・-1)
「初の全米プロで初日に69で回れるなんて充分満足だよ。特に前半の2番と6番でバーディを稼いで流れにのって、バンカーからのチップインもあったし全体的に良かったね。フリスビーのアルティメイトをしていて怪我した右足首もほぼ完治したし、3ヶ月も試合から離れちゃったけど、あとはなんとか賞金ランキング30位に入ってツアー選手権に出たいね。先週から調子は上がってきてたんだけど、先週はスコアに繋がらなかった。でも今日はパットも決まって自信を取り戻したよ。あとはドライバーがこのまま調子良ければ大丈夫だと思う。」

チャッド・キャンベル(6位タイ・-1)
「今日はパター頼りの一日だったね。おかげで厳しい局面を切り抜けられたよ。ミスショットもあったし、11番ではダブルボギーを叩いちゃったけど、上がりの3ホールを1アンダーで回れたので、明日のラウンドにも繋がるね。」

フレッド・ファンク(6位タイ・-1)
「前半を32で折り返ししておきながら結果が69というのはちょっと残念だけど、でもこのコースでアンダーパーは良しとしないとね。最終日に首位から1打差や2打差だったら嬉しいけど、優勝ということを考えると上がりの2ホールで挽回するのは不可能だからな。ロングヒッターのタイガーやビジェイとあの2ホールで競るのは嫌だね。彼らよりも4番手くらい長いクラブを必死で打ってるんだからさ。」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!