ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/07〜08/10 オークランドヒルズCC(ミシガン州)

今日の日本人選手/日本勢は揃って出遅れ 固いグリーンと長い距離に苦戦

今季のメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」初日を終え、今田竜二谷口徹藤田寛之の日本勢にとっては苦しい立ち上がりとなった。練習ラウンドの時には柔らかかったグリーンは、開幕後には一転して選手たちが音を上げる固さに。ハードなコースコンディションに、最後まで対応しきれない結果となった。

今年が2回目の出場、昨年大会は予選落ちを喫し、雪辱を期すべくスタートした今田。しかし、出だしの1番でダブルボギーを叩くと、その後もボギーを重ねる展開が続く。16番、17番でもダブルボギーを叩いてしまい、この日1バーディ、5ボギー、3ダブルボギーの「80」。暫定145位タイとし、早くも予選突破は厳しい状況となってしまった。

谷口も2つのダブルボギーを叩くなど、この日1バーディ、6ボギー、2ダブルボギーと最後まで修正できず、9オーバーの暫定136位タイ。今大会初出場となる藤田寛之は、後半こそ2ボギーに抑えたものの前半の出遅れが響き、7オーバーの暫定110位タイ。予選突破には、明日の大きな巻き返しが必須となった。

固いグリーンに加えて日本勢を苦しめたのは、やはり飛距離の長さ。パー4の2打目をショートアイアンで打つことができず、グリーンも止まらないためにバーディチャンスが巡ってこない悪循環が生じてしまった。明日の2日目、予選突破を果たすためには綿密なコースマネージメントと、より正確なショットが必要となるだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2008年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。