ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

米国ツアー2003年のシーズンを振り返る

チャド・キャンベルのツアー選手権優勝で締めくくられた2003年の米国ツアー。振り返れば、4大メジャーの2つが無名の選手、ベン・カーティスショーン・ミキールが優勝するなど、様々な驚きがあった一年だった。2002年を初優勝者目白押しの年とした場合に、2003年は40代以上の年といえるだろう。11人の40代以上の優勝者が誕生し、シーズン48試合中15試合を勝ち取っていった。

また欧州ツアーで活躍していたスター選手たちが米国ツアーで勝ち星を決めた年でもあった。アダム・スコットはシーズン始めには欧州ツアーのメンバーとしてPGAツアーの数試合に挑戦していたが、優勝したことで今後2年間のツアーカードを獲得。欧州のビッグネームであるダレン・クラークもキャリアで2度目のPGAツアー優勝を果たし、来季からはPGAツアーを本拠地とする。

タイガー・ウッズ
「今シーズンは良かったんじゃないかな?昨年は沢山の初優勝者が出たけれど、今年は何人もの複数優勝を遂げる選手がいた。多くのトッププレーヤーがキャリア最高のシーズンを過ごしていたからね」

デービス・ラブIII
「トッププレーヤーが良い活躍をしていたシーズンだったね。だから素晴らしい年だったと思うよ。PGA史上に残る素晴らしい一年だ。ゴルフ界にとっても素晴らしい年だったんじゃないかな?」

「ツアー選手権」の会場で選手やマスコミに今年を象徴する最大の話題は何かと尋ねて歩いたら、帰ってきた答えは次の2つ。アニカ・ソレンスタムの「コロニアル」挑戦と、タイガーが1998年以来初めて、4大メジャーで一つもタイトルを得られなかったことの2つだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。