ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

PGAショーレポート/デモDay(5)その他グッズ

最後は、その他に気になったものを一気に紹介していこう。まずは、ゴルフ場向けの人力カート、「RangeCart」という商品。このカートの前方には、クラブヘッドやグリップを洗うためのバケツが3つ収容でき、後部の網で覆われた物置には、清掃用具やティ、鉛筆、ボールマークなどの小物を収容できる。屋根とバケツの蓋にあたる部分にはオーク材を使用しており、その自然な風合いがゴルフ場に馴染みそうだ。実際、ニュージャージ州のバルタスロールゴルフクラブには7台を納入済みで、今後さらなる認知拡大を目指しているとのこと。屋根や金網の塗装もカスタマイズできるので、クラブハウスのイメージに合わせたオリジナル仕様でゴルフ場のイメージアップにも貢献してくれるだろう。

次の小さなヘッドのクラブは、PSPGolfの「The Little One」という商品。このクラブはウォームアップとスキルアップのためのクラブで、最初はチップショットなどの短い距離から始めて、徐々にフルショットへと移行していく。「すべてのドライバーショットは、チップショットと同じくらい簡単であるべき」という信念を実現するためのクラブだという。ちなみに、明日から始まるPGAショーでは、タイガー・ウッズのコーチであるショーン・フォーリーがこのクラブのデモをやるとのことで、そちらにも興味がそそられる。

続いて、ド派手なドライバーヘッドが並んでいるが、これらはペイントではなくシールを貼ったもの。他にも星条旗などの色々な柄があるが、この加工は誰でもできるというものではなく、特殊な技術が必要とのことで、今はそのパートナーを探しつつ、日本進出も見越しているそうだ。テーラーメイドが白いドライバーで一世風靡してからというもの、ドライバーヘッドに対する先入観もだいぶ薄れてきて、こんな派手なヘッドでも意外と違和感なく打てるような気がしてしまう。

最後はその名の通り、ゴルファーお助けドリンク。集中力や持久力が高まるという話だが、たとえ気分的なものだけであったにせよ、そうなればしめたもの。僕も取材の合間に飲んで見たが、そのお蔭かどうかは分からないが、最後まで疲れを感じないで仕事ができたような気がする…。(フロリダ州オーランド/今岡涼太)

関連リンク




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~