ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

PGAショーレポート/デモDay(2)コブラ・プーマゴルフ

まず、全体を見たときに一番活気が感じられたのは、リッキー・ファウラーとの総合契約を締結したばかりのコブラ・プーマゴルフのブース。プーマは09年からファウラーと契約を結んでいるが、今年からコブラもその契約に入ったことで、全面的に同社の顔となってプロモーションを行なっていくことになった。

そのブースはというと、ファウラーの母校オクラホマ州立大学のスクールカラーで、ファウラー自身も大会最終日に身につけるオレンジ色を全面に押し出した「オレンジアウトキャンペーン」というものを実施しており、試打用のグリップから、そこで提供されているドリンクのカップまで至るところにオレンジ色が見受けられる。

最初にブース入口にある簡易テントのようなスペースに入ると、なかにはブラックジャックやクラップスのテーブルがありそれぞれにきちんとしたディーラーが付き、他にもゲームセンターにあるようなバスケットマシンが置かれている。そのテントの隣りにはDJブースが設置され、明るいノリの音楽が延々と流されている。遊び心というか、遊び過ぎなんじゃないかという雰囲気が感じられたが、これもキャンペーンの一環として機能していて、来場した人は最初にチップ(もしくは1回分の抽選券)に相当するものを渡され、それをカジノやドライビングレンジでのイベントで増やすことができるという仕組みなのだ。そして定期的に抽選会が開催されるということで、そう考えるとこのブースに長時間とどまることになるのは必至で、よく企画されたイベントだといえるだろう。

さらにファウラーだけではなく、今年がLPGAメンバーとしてフル参戦初年度となるレクシー・トンプソンも会場内でコブラドライバーの試打を行なっていた。コブラ・プーマゴルフは、米国内で男女の若手注目ナンバー1の選手を抱えているのだ。他メーカーのブースとの違いは、前述したような遊びの要素だが、なんとなく楽しそうという雰囲気はジュニアゴルファーやこれからゴルフを始めるような人たちの敷居を下げる役割を果たしている。それにファウラーやトンプソンという若いプロもいるということで、今年の同社への注目は否応なく高くなるだろう。(フロリダ州オーランド/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。