ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 ロイヤルセントジョージズGC(イングランド)

世界ランク1位、2位がまさかの予選落ち

イングランド・ロイヤルセントジョージズGCで行われている今季の海外メジャー第3戦「全英オープン」は、大会2日目にまさかの波乱があった。世界ランク1位のルーク・ドナルド、同2位のリー・ウェストウッドが地元イングランドで決勝ラウンド進出を逃してしまった。

初日を1オーバーの51位タイで終えたウェストウッドはこの日、3バーディ、4ボギー、1ダブルボギーの「73」とスコアを落とし、通算4オーバーと予選通過ラインに1打及ばずコースを去った。

一方、石川遼セルヒオ・ガルシア(スペイン)とラウンドしたドナルドも同じく1オーバーからスタート。1番から2メートルのパーパットを外し、生命線のショートゲームに精彩を欠いた。後半15番からは痛恨の4連続ボギーとし最悪のフィニッシュ。「75」で通算6オーバーまでスコアを落とし「週末にここにいられないのが本当に残念だ」と、うつむき加減で話した。

6月の「全米オープン」でも優勝争いを期待されたが、46位タイに終わった。今大会は前週の欧州ツアー「バークレイズスコティッシュオープン」を制し最高の状態で母国での頂上決戦に乗り込んできたはずだった。しかし「僕は自分の技術を信じている。でも理由はどうあれ、この2試合のメジャーではうまくいかなかった」と肩をすくめる。世界一の重圧か?と問われても「ワールドランキングのことは考えていなかった」と話した。

期待の大きかった地元勢は2人に加えてイアン・ポールターロス・フィッシャーらも予選落ち。トップはアマチュアの20歳トム・ルイスという状況だ。1992年のニック・ファルド以来となるイングランド勢の優勝はまたしても夢と消えるのか。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。