ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 全米オープン
期間:06/16〜06/19 コングレッショナルC.C(メリーランド州)

予選会を通過してきたS.ガルシアが4位スタート!

16日(木)にメリーランド州コングレッショナルCCで開幕した今季の海外メジャー第2戦「全米オープン」初日、セルヒオ・ガルシア(スペイン)が4バーディ、2ボギーの「69」をマーク。単独首位のロリー・マキロイ(北アイルランド)に4打差の2アンダー、4位タイと好発進した。

後半11番までに3つのバーディを奪ったガルシアは、前半からリーダーズボードの上位に名を連ねた。パット数「32」とグリーン上では好調とはいえない内容ながら、パーオン率88.89%という安定感のあるショットでスコアを作った。最終18番をボギーとして「17番をバーディとしていただけに、フィニッシュは本当に残念だよ」。それでも「全体を通せば、スタートとしては良いラウンドになったね」と納得の表情を浮かべた。

今大会が12回目の全米オープンとなるガルシア。だが今年は例年とは異なる経緯を踏んで出場にこぎつけた。かつての“神の子”は2008年には世界ランキング2位まで上り詰めたが、ここ3シーズンは勝利が無く、同ランクは現在76位。前週の最終予選会を勝ち抜き、やっとの思いで今大会の出場切符をつかんだのだ。

一時はエントリーを悩んだというこの予選会を通過したことで、自身のメジャー大会連続出場記録も47試合に伸びた。それでも、そこに満足するはずがない。「長い道のりだからね。僕たちはまだ何も成し遂げていないよ。まだ木曜日」と視線は2日目以降へと向いていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。