ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 マスターズ
期間:04/07〜04/10 オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「マスターズ」ローアマの松山英樹が帰国。週末からはボランティア

今季のメジャー第1戦「マスターズ」で日本人史上初のローアマチュアに輝いた東北福祉大2年の松山英樹が13日(水)、成田着の航空機で米国から帰国した。

日本人初のアマチュアとして出場を果たした上に、19歳1か月の日本人史上最年少予選通過記録を樹立した松山。今大会出場した各国アマチュア選手の中では唯一人、決勝ラウンドに進出して27位タイでフィニッシュ。万人の想像を超える歴史的なオーガスタデビューを「すべてが収穫。一番は出場させてもらえたことが収穫でした」と振り返った。

世界のトッププロとしのぎを削った4日間。「すべてが足りないけれど、パッティングに関してはある程度通用したかもしれない」と手応えもある。ロリー・マキロイ(北アイルランド)やジェイソン・デイ(オーストラリア)ら同世代の若い選手が優勝争いを演じたことにも刺激を受け「早くああやって、上位で戦えるように頑張りたい」と将来への思いはより強くなった。

今後は当面の間、在籍する東北福祉大のある仙台で、今週末からボランティア活動に取り組む方針。東日本大震災で甚大な被害を受けた地元の復興のために学校、ゴルフ部全体で立ち上がる。本格的な練習再開も今月末以降にずれ込む見込みだが、まずは支援活動を優先させる。

松山は今大会直前に、震災の影響を考え一時は出場辞退も考えた。しかし仲間の激励メッセージによって夢舞台に立つことを決意。今回の“偉業”も、周囲に背中を押されなければ成しえなかった。だからこそ胸に秘めた思いは言い知れないものがある。

アマチュアなだけに本来ならマスターズで獲得できたはずの数百万円の賞金は、もちろん手にすることはできない。プロスポーツ選手と比べて支援方法は限られているが、それでも「仙台がどういう状況か分からないけれど、できることをしたい」と言う。東北福祉大の阿部靖彦監督は「松山と『疲れた』という言葉は言わないように約束したんです。我々がそんなことは言えない」と話した。プレーで勇気を届けた次は、被災地で流す汗で恩返しする。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。