ニュース

米国男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

池田、「楽しみながら勝っていきたい」

2010/02/17 09:14


17日(水)に開幕する世界ゴルフ選手権「WGCアクセンチュアマッチプレー選手権」に出場する池田勇太が、16日にインコース9ホールのラウンドを行った。午前9時ごろからスタートし、11時ごろにホールアウト。その後はドライビングレンジに移り、みっちりと1時間30分近く打ちこんだ。

今大会に揃って出場する石川遼もグリーン周りをポイントに挙げていたが、池田の考えも同じ。「昨日と変わらず、グリーン周りのチップショットやパッティングでグリーンの感じを入念に調べた。ショットの調子は悪くはないので、最後にはチップ、パットになると思います」。溝規制の施行もあり、この日も数本のウェッジをバッグに入れ、打ち方も含めていろいろと試している池田だが、本戦で使うセッティングはしっかりと固められたと話す。

ラウンド後に移ったドライビングレンジでは、痛めている腰をストレッチでケアしながら打ち込みを敢行。「球を打ち続けていると、固まったり、張ったりする。まだまだ100パーセントには程遠い状態です」。順調に回復は見せているものの、開幕を前日に控えても万全とはいえない状態だ。その中で、「自分なりには、まあまあショットも打てている。まずは相手を見過ぎないように、自分のゴルフをして行きたい」と、一定の手ごたえは感じている様子。「楽しみながら、1回1回勝っていければといいね」と、明るい表情で意気込みを示していた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!