ニュース

米国男子AT&Tペブルビーチナショナルプロアマの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ
期間:02/11〜02/14 場所:ペブルビーチGL他(カリフォルニア州)

【GDO EYE】プロには過酷!? プロアマ戦の難しさ

2010/02/13 20:52


石川遼が今週出場している、米国PGAツアー「AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ」。先週の「ノーザントラストオープン」では一時は上位争いを演じるプレーを見せただけに、今週も期待をしていたファンも多かったことだろう。だが、2日目を終えて、通算3オーバーの131位タイと下位に低迷。予選落ちの危機に瀕している。

今大会は、プロとアマチュアが2人1組でペアを組む、いわゆるプロアマ形式。プロアマ戦といえば、通常のトーナメントでは本戦の前に和やかなムードの中で行われているイメージが強い。石川にとって、本戦をプロアマ形式でプレーするのは初めてのこと。本人は口にこそ出さないが、本来のプレーが陰を潜めている理由はそこにもあるのかもしれない。

<< 下に続く >>

まずはプレー時間。プロとアマチュア2人ずつ、計4人が同組でラウンドするわけだが、当然ながらプレー時間に差が出てしまう。2日目は最終組からスタートした石川の組は、パー5のセカンド待ちなども絡み、最初の3ホールを終えるのに約1時間。その後は比較的スムーズに進行したが、1ラウンドに6時間も費やした。石川は「急がされるより、ゆっくりの方が時間をかけて集中してプレーできる」と話すが・・・。

さらに、同伴アマチュアが左右に曲げてしまったボールを探す手間が加わることもしばしば。客観的に見て、プレーへの集中力を削いでしまうような要素が数多く見られるのだ。中にはプロアマの雰囲気が肌に合うプロもいるかもしれないが、石川は集中力を極限まで高めて実力を発揮するタイプ。初出場の石川にとっては、不慣れな点がマイナスに働いているように感じる。

予選ラウンド最終日となる明日は、憧れの舞台であるペブルビーチゴルフリンクスをプレー。「(プロアマ形式に)だいぶ慣れてきました」との言葉を信じ、明後日の決勝ラウンドで石川が再びペブルビーチをラウンドしている事に期待したい。(編集部:塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 AT&Tペブルビーチナショナルプロアマ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!