ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

「メルセデス」のカパルアGCがグリーン改修

2005/01/05 09:00

「メルセデス選手権」のホームコースであるカパルアGCが、この4月から7月までクローズするという。理由は、グリーンの改修。現在グリーンは、バミューダ芝のティフ・ドワーフという種類だが、グレイン(芽)が多く粗い。これを同じバミューダ芝のティフ・イーグルにすべて張りかえるというのだ。

ティフ・イーグルは芽が細かく、より正直なグリーンになるといわれている。4月からの3ヶ月間クローズで、コースは2万ラウンドちかくの客、収入にして400万ドルを失うことになるが、「メルセデス選手権」を支える開催コースとしての責任を第一に考え、このグリーン改修に踏み切るという。

おすすめ記事通知を受け取る



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。