ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米オープン
期間:06/14〜06/17 場所:オークモントCC(ペンシルベニア州)

地元で2位タイで終えたジム・フューリックのインタビュー/全米オープン

2007/06/19 09:00

ジム・フューリック
「今日のプレーは悪くなかったと思います。ショットも良かったですし、パットも良い感じで打てていました。バーディも4つありましたし、4つのボギーもそれほど悪いショットは打ちませんでした。ラフに打ち込んでしまい、出すだけになってしまっただけですが、それで優勝を逃してしまったと思います。2番、12番、17番でもパーで上がるチャンスはありましたが、物に出来ませんでした。でもそれが「全米オープン」ですね。いくら良いショットを打っても上がってみればボギーだったというホールが幾つかありました。それでも我慢強くプレーを続けて、中盤からは調子が戻ってきました。バック9を2アンダーでまわれば優勝のチャンスはあると思っていましたし、実際にそうでした。沢山良いショットはありましたが、スコアに繋がりませんでした。」

記者
「17番のティショットを打つとき、トップタイだったことをご存知でしたか?」

ジム・フューリック
「いいえ、あそこにはスコアボードがありませんから知りませんでした。カブレラは私の1つ前の組でプレーしていましたから、17番でパットを外したのは聞こえましたが、それがバーディパットなのか、パーパットなのかは判りませんでした。」

記者
「3連続バーディを決めた後は、どんな気持ちでしたか?」

ジム・フューリック
「やはり楽しいですよね。優勝争いに絡むためにプレーをしている訳ですから、15番のバーディパットを決めた時はかなり興奮しました。」

記者
「“全米オープン”で2年連続の2位フィニッシュは素晴らしい結果ですが、ご自分ではどうとっていますか?」

ジム・フューリック
「今週は良いプレーが出来ましたし、上がりのホールでもよく頑張ったと思いますが、やはり2位は悔しいですね。タイガーが幾つでフィニッシュしたか知りませんから3位かもしれません。」

記者
「ギャラリーの歓声もかなり大きかったですね。」

ジム・フューリック
「はい、とても楽しかったです。私の家族はピッツバーグ出身ですし、私もペンシルベニア州で育ち、ゴルフを始めましたからここは大切な場所です。この4日間大勢の人が応援してくれて感謝しています。」

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全米オープン




特集

ランキング
東京五輪や実力派アマチュアの登場など話題の多かった2021年下半期。上半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!