ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2022年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/19〜05/22 場所:サザンヒルズCC(オクラホマ州)

「いい流れを続けられなかった」 松山英樹はショット急変で苦闘の一週間

2022/05/23 06:22


◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(22日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

最後まで前週のフィーリングを取り戻すことができなかった。松山英樹は10年連続10度目となる「全米プロ」を通算9オーバーで終えた。「やっていることは変わらない。ただ、それがうまくいかない。続けられなかったですね、先週からのいい流れを」と悔しさがにじんだ。

<< 下に続く >>

前週最終日に自己最高の1日10アンダーをマークして3位。結果と内容の両面で、現在取り組むスイングに一定の手応えを得て今季メジャー第2戦に乗り込んで来たはずだった。開幕2日前、首に痛みが出た影響はなかったことを強調。一週間前に時間をかけて調整した1Wは、この週末からシャフトを差し替えるなど、上向くポイントを探すことに必死だった。

最終日も出だしから3ホール連続でティショットが右に飛んだ。2番ではせり出す木の下を通し、花道を転がして3m弱に絡めるバーディ。ラフから巧みなリカバリーを連発したが、思い描く組み立てでゲームを進められずにモヤモヤが募った。

パーオン率は前日38.89%(7/18)から上向いたものの、50%(9/18)にとどまった。珍しくアイアンの縦距離が乱れ、4つあるパー3ではいずれもグリーンを外した。バンカーからのアプローチも8回を数えた。

ままならない自らの状態と向き合う中でも、過去9回予選落ちがなかったこの大会で今年も4日間を戦い抜いた。「(まずは)しっかり休みます」と話し、次戦は2週後の「ザ・メモリアルトーナメント」(オハイオ州ミュアフィールドビレッジGC)を予定。さらにその2週後にはメジャー第3戦の「全米オープン」(マサチューセッツ州ザ・カントリークラブ)が控える。拠点を置くフロリダへ戻り、次の大舞台に照準を合わせる。(オクラホマ州タルサ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!