ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2022年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/19〜05/22 場所:サザンヒルズCC(オクラホマ州)

メジャー2戦目の新人 ミト・ペレイラが挑む快挙

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 3日目(21日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

まだメジャー2戦目の世界ランキング100位が、とんでもないことをやってのけるかもしれない。ツアールーキーのミト・ペレイラ(チリ)が通算9アンダーで3打差の単独首位に立ってラスト18ホールを迎える。

<< 下に続く >>

予選落ちした2019年「全米オープン」が唯一のメジャー出場だった。初めて味わうメジャーの週末は、1打差2位スタートの2サム最終組。「かなりナーバスになった」と正直に明かす。

序盤にボギーを重ねたウィル・ザラトリスを早々に抜き去ったが、8番からの5ホールで4ボギー。それでも、「自信を失ったわけではなかったんだ」。13番(パー5)のバーディで息を吹き返し、14番(パー3)も獲って2連続。最終18番は8mを流し込んだ。ここまで3日間、パットのスコア貢献度は「+7.033」でフィールドナンバーワンだ。

下部コーンフェリーツアーから昇格を果たして臨んだ21-22年シーズンの開幕戦で自己ベスト3位に入っているが、キャリアの“ハイライト”でいえば銅メダルをかけた7人によるプレーオフで敗れた昨年8月「東京五輪」が挙げられる。

「全米プロ」初参戦の選手が54ホールを終えて首位に立つのは、1991年大会でウェーティングからツアー初優勝をかっさらったジョン・デーリー以来。2年前にはコリン・モリカワが大会史上5人目の初出場初優勝を成し遂げたばかりとあって、「初めてでも、10回目でも、いいプレーをすればチャンスはあるもの」と意気込む。

チリ勢のメジャー最高成績はホアキン・ニーマンが20年「全米オープン」で記録した23位。生涯獲得賞金261万8115ドルを上回る、優勝賞金270万ドル(約3億4500万円)もかかる最終日へ「僕がプレーしてきた中でも圧倒的に大きな舞台。あしたは、それがもっと重大な意味を持つラウンドになる。周りを見ず、シンプルに、今までと同じことをやるよ」。27歳が快挙に挑戦する。(オクラホマ州タルサ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!