ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2022年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/19〜05/22 場所:サザンヒルズCC(オクラホマ州)

ミケルソン不在にウッズ「寂しい」 復活には自信

◇メジャー第2戦◇全米プロゴルフ選手権 事前(17日)◇サザンヒルズCC (オクラホマ州)◇7556yd(パー70)

4月「マスターズ」で交通事故から奇跡的なカムバックを果たしたタイガー・ウッズ。そのオーガスタ以来の登場となった開幕前の記者会見は、大きく分けて2つの事柄に質問が集中した。

<< 下に続く >>

まずはディフェンディングチャンピオンでありながら、出場辞退となったフィル・ミケルソンについて。長年にわたってウッズと人気を二分してきたレフティは、サウジアラビアの支援を得てグレッグ・ノーマン(オーストラリア)が推進する新リーグを支持する発言を機に、PGAツアーへの出場を見合わせている。

「彼がいないと寂しい。戻ってきたときにベストを尽くすことを望んでいる」。連絡は取り合っていないことを明かし、ミケルソンの考え方を尊重しつつも自らはPGAツアーを支持するスタンスを改めて明確にした。「ツアーがどのように運営されるべきか、見解の相違がある。ゴルフゲームの行く末について、彼には彼の、僕には僕の意見がある。僕は何十年もここでプレーし、財団は何年もツアーイベントを運営してきた。今でもツアーは多くのものを提供し、多くの機会を与えてくれると思う」

もうひとつは事故で負った右足の大けがの回復状況。マスターズでは予選を通過した一方、週末のプレーは精彩を欠き、足を引きずって歩く様子も顕著になった。「前回出場したときよりも良くなっている。練習時間も長くなってハードワークできているし、ポジティブになれる日が増えているんだ」。まだまだ長い時間がかかることを強調しながら、前に進めていることを素直に喜ぶ。

2007年「全米プロ」で優勝を飾ったコースは、改修を経て大きく変わった。それでも「勝つ自信」を問われ、力強く返した。「間違いなく、できると感じている。木曜から始まるけど、準備はできているよ」。ジョーダン・スピースロリー・マキロイ(北アイルランド)とともに回る予選ラウンドのスタートが待ちきれない様子だった。(オクラホマ州タルサ/亀山泰宏)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!