ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 場所:トリーパインズGC サウスコース(カリフォルニア州)

“3年半ぶり”バーディなし 松山英樹は1ボギーのムービングフライデー

2022/01/29 10:35


◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 3日目(28日)◇トリーパインズGC サウスコース(カリフォルニア州)◇7765yd(パー72)

ホールアウトして向かったのは、練習場ではなく通勤用のレクサス車だった。疲れた表情を浮かべてコースを去る。フェアウェイ上でも、グリーン上でも、最後の一押しを欠いた18ホールのラウンドはバーディなしという結果になった。

<< 下に続く >>

30日(日)に行われるNFLのカンファレンス決勝のため開幕が1日前倒しされて、金曜日になったムービングデー。松山は出だしの10番で1Wショットを大きく右に曲げた後、4mの大きなフックラインを沈めてパーを拾いピンチを脱した。上々の滑り出しだったが、その後はチャンスを決めきれない。絶好機だった17番、1mのバーディパットはカップの左を通り過ぎた。

2週前の「ソニーオープンinハワイ」でフィールド1位だったパット(ストローク・ゲインド・パッティング)に、そのときほどの冴えはない。実は今週、松山はフィーリングで言えばハワイよりも好感触を持って試合に臨んでいた。「ソニーのときは、感覚は悪かったけど(結果的に)入ったという感じ。今週はあのときより良い感覚がある」と言った。「でも、それが入るかどうかはまた別の問題です」というのがゴルフの難しさではある。

前半インでパーを9つ並べた。後半アウトにかけてショットのブレもやや大きくなり、3番(パー3)でついにボギーが先行。前に出されたティイングエリアから、グリーン左手前の狭いエリアのピンを狙った第1打を手前のラフに入れた。終盤の2つのパー5(6番、9番)でも伸ばせず、動いたスコアはボギーの1つだけ。35位から「73」で通算4アンダーの57位に順位を下げた。

松山が1ラウンドでバーディを奪えなかったのは2018年の「全米オープン」3日目以来、約3年半ぶり。20年「ザ・メモリアルトーナメント」2日目もバーディなしだったが、イーグルを1つ決めていた(スコアはいずれも「79」)。優勝争いからはさらに遠ざかった最終日の奮闘をこの先につなげたい。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!