ニュース

米国男子ファーマーズインシュランスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2022年 ファーマーズインシュランスオープン
期間:01/26〜01/29 場所:トリーパインズGC サウスコース(カリフォルニア州)

D.ジョンソンは「ステルス プラス」で復帰 必要だった3カ月のオフ

◇米国男子◇ファーマーズインシュランスオープン 事前情報(25日)◇トリーパインズGC (カリフォルニア州)◇ サウスコース(7765yd、パー72)、ノースコース(7258yd、パー72)

実戦から離れていた3カ月のあいだ、ダスティン・ジョンソンはゴルフクラブよりも釣竿を握る時間のほうが長かったかもしれない。「本当に皆さんが思うほどゴルフをしていない。家族と一緒の時間をたくさん過ごしたんだ」。復帰に向けて本格的に練習を再開させたのは実に先週のことだという。

<< 下に続く >>

2020年秋の「マスターズ」を制してから、PGAツアーでの優勝に見放されている。21年の1勝は2月に欧州ツアーで飾ったもので、主戦場の米国ではトップ5にも1度も入れないまま。昨秋に開幕した2021-22年シーズンは10月の「ザ・CJカップ」だけ出て、オフにした。

いつも冷静沈着なようで、不振にあえぎ「すべてにおいてイライラしていた」と明かす。「安定感がなく、良いパットが4ラウンド続かなかったり、ドライバーショットが良くてもアイアンがダメだったり、アイアンが良い日はドライバーがダメだったり。かみ合わなくて」。なかでも1Wショットへの不満は募るばかりで「(製品自体は)悪いところはなかったんだ。ただ、僕が思うようには打てなくて」と苦しんでいた。

昨年6月、今大会会場のトリーパインズGCで行われた「全米オープン」以降、世界ランキングのトップから陥落したジョンソン(現在4位)にとって、今年の新製品は待望の1本になりうる。年明けに発表されたテーラーメイドの「ステルス」シリーズ。「新しいドライバーを打ったらすべてが良くなった。ウェートのせいなのか、なぜなのかはわからないんだけど。本当にお気に入りのクラブ、打ちたい弾道をようやく手に入れることができた」と、うなずいた。

開幕2日前にはノースコースを、前日はサウスコースを回って調整した。バッグにはステルス プラス ドライバーのほかに、新しいパター(テーラーメイド スパイダー GT ロールバック)も。「ゴルフのほとんどはメンタルだ。僕にとっては特にね。悩みすぎて、やりすぎると逆に難しくしてしまう。リラックスして、自分のやっていることに自信のあるときは簡単に感じるものだよ」。通算25勝目の瞬間はおのずと訪れると信じている。(カリフォルニア州ラ・ホヤ/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2022年 ファーマーズインシュランスオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


自宅を最高額で売却してすぐ現金化!売却額に数百万の差がでることも!?最短60秒で一括比較!無料
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!