ニュース

米国男子ザ・CJカップの最新ゴルフニュースをお届け

「前週よりはマシ」な6アンダー 松山英樹は初訪問のコースで安堵

2021/10/15 10:00


◇米国男子◇ザ・CJカップ 初日(14日)◇サミットクラブ(ネバダ州)◇7431yd(パー72)

きらびやかなラスベガスのダウンタウンの西、雄大な岩山を切り開いたコースは各所にネイティブエリアが多い。ボールを両サイドに大きく曲げれば途端にトラブルに陥る18ホールを、松山英樹は無難に攻略した。「悪いショットを打ちながらも、ある程度の範囲で収まってくれた」というのが「66」の要因に尽きる。

<< 下に続く >>

本来は韓国で行われる予定だった大会は、新型コロナ禍のため米国で開催。初見のゴルフ場を序盤は攻めあぐねた。出だし1番でフェアウェイからの2打目を左のバンカーに突っ込むなど、3ホール続けてパーオンに失敗。アイアンショットへのキレを失っていた前週「シュライナーズチルドレンズオープン」からはまだ数日しか経っていない。

救いになったのが当地の900m前後の標高だった。「球が少し飛ぶので無理にドライバーを打つ必要もないホールがある。そこは助かっている」。ティショットを252yd先のフェアウェイに刻んだ5番から2連続バーディ。惜しいパットを続けながら、ノーボギーを続けた。

コースのメンバーであるコリン・モリカワ、前週優勝のイム・ソンジェ(韓国)との伸ばし合いはバックナインで加速した。松山は5mを流し込んだ12番でバーディ。14番(パー5)では5Iでの2打目でフィニッシュが決まらず、「先週なんかは(アイアンショットが)ダフっていた感じだったが、今週はトップしか出ない」と吐き捨てながらも、ピンの右5mに2オンさせて2パットバーディにした。

2021C年 ザ・CJカップ 初日 松山英樹 ハイライト
2021C年 ザ・CJカップ 初日 松山英樹 ハイライト
この動画は日本国内のみで視聴が可能です。US

ロバート・ストレブの1イーグル10バーディ、1ボギーの「61」という“異次元”プレーに「ボギーを打って11アンダーはすごい…」と半ばあきれた口調で語った。その首位に5打差7位で食らいついたからこそ、終盤のチャージにも価値がある。20ydは打ち下ろそうかという16番(パー3)は9Iでピン手前1.5mをとらえて5つ目のバーディ。最終18番(パー5)は1Wで片手を離してもフェアウェイをキープし、3打目のバンカーショットを寄せてバーディフィニッシュした。

初日6アンダーは、10位発進から最終的に67位で終えた前週と同じ。「あしたも良いスコアで回らないと週末にまた下の方で回ることになる」といつものように居残り練習をすぐに始めたが、「先週の感じよりはマシかな」という言葉が好材料だ。(ネバダ州ラスベガス/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・CJカップ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!