ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

PGAツアーの2021―22年シーズンは48試合 欧州ツアーとの共催大会増

2021/08/04 14:00

米国男子ツアー(PGAツアー)は3日、2021-22年シーズンの日程を発表した。レギュラーシーズン45試合、プレーオフ3試合の計48試合が組まれる。一昨年は千葉県、昨年はカリフォルニア州で行われた10月の「ZOZOチャンピオンシップ」、昨年は中止となった世界ゴルフ選手権シリーズ「WGC HSBCチャンピオンズ」(中国)の詳細は後日、発表される。

新シーズンは9月16日(木)からの「フォーティネット選手権」(カリフォルニア州シルバラードリゾート&スパ)で開幕する。韓国での開催を予定していた10月の「ザ・CJカップ」(ネバダ州サミットGC)は新型コロナ禍のため昨年に続いて米国で実施する。

<< 下に続く >>

欧州ツアーとの連携が強化され、いずれも2022年7月の「ジェネシス・スコットランドオープン」(会場未定)、「バーバゾル選手権」(ケンタッキー州キーントレースGC)、「バラクーダ選手権」(カリフォルニア州タホマウンテンクラブ)は新たに欧米共催大会となる。

8月に行われていた「WGCフェデックスセントジュードクラシック」は世界選手権シリーズから外れ、プレーオフシリーズ第1戦の「フェデックス セントジュード選手権」(テネシー州TPCサウスウィンド)に変更された。シリーズは第2戦の「BMW選手権」(デラウェア州ウィルミントンCC)、最終戦「ツアー選手権」(ジョージア州イーストレイクGC)の3試合となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!