ニュース

米国男子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

「めちゃくちゃ緊張した」星野陸也の開幕打はフェアウェイへ

2021/07/29 18:28


東京五輪 男子初日(29日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇男子7447yd(パー71)

無観客とはいえ、東京五輪ゴルフ競技の開幕を告げる第一打を見るために、1番ティ周辺に集まったボランティアや関係者、選手はざっと200人ほど。「めちゃくちゃ緊張しました。多分、ツアー1年目の最初のティショットよりも緊張した」と苦笑いで振り返った星野陸也。それでも、5Wで放った第1打をきっちりとフェアウェイに置き、無難にパーでスタートホールを切り抜けた。

<< 下に続く >>

だが、やはりオリンピックの雰囲気はいつもとは違う。「(18ホール)ずっと緊張していました」と3番でバーディを先行させるも、4番(パ-3)をボギーとし、6番でトラブルに見舞われた。「昨日の雨が残っていて、ちょっと(アイアンが)厚く入って水の上を打ったみたいな感じで、手前のバンカーに入れてしまった。そこからトップして(グリーン奥に外し)いきなり左打ちをさせられて…」とダブルボギーを喫した。

それでも、8番(パー5)は残り277ydの2打目を5Wで1ピンにつけてイーグル逃しのバーディとするなど以降は3つあるパー5のうち2つでバーディを奪取。通算イーブンパーに戻して初日を終えた。

「前半のトラブルは悔しかったけど、オーバーからイーブンに戻せたので、まだまだ…」と星野。「時間はあるので、しっかり1つでも多くバーディを獲っていきたい」と2日目以降の巻き返しに気合いを見せる。

イーブンパーは首位と8打差の41位タイ。「ショットは良い感じだと思うので、しっかり良い流れでプレーをしたい」と普段の自分を取り戻して、スムーズなプレーを目指す。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!