ニュース

米国男子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

開幕直前 松山英樹、星野陸也の仕上がりは?

東京五輪 事前情報(28日)◇霞ヶ関CC東コース(埼玉県)◇男子7447yd(パー71)

東京五輪男子ゴルフの公式練習日が終わり、いよいよ明日29日に初日を迎える。日本代表の松山英樹星野陸也の仕上がりについて、丸山茂樹ヘッドコーチの目にはどう映っているのだろう?

<< 下に続く >>

この日、イン9ホールのラウンドを行った松山は、1Wからアイアンまで、納得のいかないショットに「はぁ」と大きなため息をつくことも多かったが、「思ったところに飛んでいない部分はあるけど、許容範囲には収まっている。見ている側はそこまで不安はないけれど、やっている側になってみたら苦しいっていうのはあると思う」と丸山コーチ。

「本人はずっと(前週のPGAツアー)3M(オープン)に出てから来たかったって言っている。コロナ感染から明けて、まともな練習がほぼできずにここに来て、移動もあって、たぶん平衡感覚とか、そういうバランスを崩しているのだと思う。アドレスでどこを向いているかとか、ちょっと質問されて、俺はどうしているっていうのは答えたけど、彼は情報収集して、いらないものは排出していくから」と分析した。

それでも、「目指しているところがすごく高いから、俺だったらあれで絶好調って言っているかもしれない(笑)。トータル的な完成度は高いし、パッティングは結構いいと思うから、そこがどれだけヘルプしてくれるか」と客観的に見れば、十分に戦える状態であるという。

60人のフィールドで、世界ランク25位以内(7月25日付)は松山を含めて9人だけ。「こういう試合はダークホースが勝てるものじゃない。世界ランク300位とかの選手は、申し訳ないけどぜんぜんまとまりがないし、はっきり言って眼中にない。世界ランク50以内の選手とは圧倒的に実力が違うから」と、数少ない実力者によるメダル争いになることを予想する。また、こんな状態だからこそ、無観客がプラスに働く可能性も指摘した。

一方の星野については、「ようやく寝られるようになってきたと言っているし、この雰囲気にも馴染んできている。体のキレもいいし、ボールもよく飛んでいる。ポジティブな意見ばかりです」と、本来の力が発揮できる環境が整ってきた様子。自国開催と若さの勢いで、好プレーに期待しよう。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!