ニュース

米国男子東京五輪の最新ゴルフニュースをお届け

アーリーバードは誰だった?ゴルフ五輪会場に一番乗りした選手たち

◇東京五輪 事前情報(25日)◇霞ヶ関CC(埼玉県)◇男子7447yd、女子6648yd(パー71)

東京五輪ゴルフ競技の公式練習日初日となった前日24日(土)、コースにいる選手の影はまばらだった。

<< 下に続く >>

まだ米国男子、米国女子、欧州男子と海外ツアーも平常通り開催されている週。それでも、コースに来て、練習やラウンドを行っていた“アーリーバード”な選手たちを、目撃情報をもとにリストアップしてみた。

<男子>
松山英樹(日本)
星野陸也(日本)
イム・ソンジェ(韓国)
キム・シウー(韓国)
アドリ・アーナス(スペイン)
呉阿順(中国)
ヤン・イェチュン(中国)
ジャズ・ジェーンワタナノンド(タイ)
ガン・チャルングン(タイ)
C.T.パン(台湾)
スコット・ビンセント(ジンバブエ)
アドリアン・メロンク(ポーランド)

<女子>
畑岡奈紗(日本)
稲見萌寧(日本)
笹生優花(フィリピン)
ギャビー・ロペス(メキシコ)

男子は次週木曜日が初日なので、開幕まで残り5日。出場60選手中、12人が来場している。中でも、オリンピックを優先して海外メジャー「全英オープン」を回避した韓国勢は、さっそくチームで揃って練習ラウンドを行うなど、気合が感じられる。

一方で、女子は翌々週の水曜日が大会初日。土曜日、日曜日、月曜日と男子選手とともに練習ラウンドが可能だが、次週火曜日以降は男子の試合があるために練習ラウンドはいったん休みとなり、週明けの月曜日と火曜日が再び公式練習日となっている。自国開催の日本チームの2人の他、フィリピン代表の笹生優花もすでに練習ラウンドを開始している。(埼玉県川越市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 東京五輪




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!