ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2021年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:06/03〜06/06 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

頭に残った「86」 長い一日を終えた金谷拓実が悔やむ理由

2021/06/05 10:50


◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目(4日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7543yd(パー72)

第1ラウンドの最後の組に入った金谷拓実は初日、雷雲接近による1度目の中断のためティオフ時刻が2時間遅れた。午後4時7分に1番から出たのも束の間、その10分後に2度目の中断。午後6時半の再開に備え、3打目を打とうとポジションについたところでまた上空は雨雲に覆われ、翌日に順延された。

<< 下に続く >>

1ホールも完了できないまま迎えた2日目、午前7時半の再開は濃霧で約20分遅延された。午後0時半に第1ラウンドを1バーディ、5ボギーの「76」で終了。その40分後には第2ラウンドを開始した。

ドタバタの末に予選通過に向け巻き返しを図った午後は、前半11番で下りの3mを沈めてバーディを先行。直後の12番(パー3)でティショットを池に入れて、ダブルボギーにした。カットラインに近づけそうで、近づけない。後半6番、グリーン右奥ラフからのロブショットに失敗してまた遠ざかった。

この日、2回目に記録した数字は「73」。ホールアウトは午後6時だった。1日で36ホールを回ったことへの体力的な問題はないという。それ以上に通算5オーバー、予選落ちが濃厚なスコアが悔しい。

事前練習からショット、パットの調子は良くなかった。原因のひとつが2週前のメジャーにある。「全米プロのコースが長く、風も強くて自分の限界以上のスイングをして乱れてしまった」。ピンを攻め、成功した選手には“ご褒美”があるコースは今週も同じ。「全米プロ(2日目)の『86』がすごく頭に残っていて。自分が思うよりもハザードを避けた。コースに対して消極的にプレーしてしまった」と悔やんだ。

週明け7日(月)に同じオハイオ州内で行われる「全米オープン」の予選会に出場する。「東京五輪」代表入りのためには通過が欠かせない状況といっていいが、今は「頭にはない」。もっと先を見据えてもいる。「この難しいコースでラウンドできたことが一番の経験かなと思う。またPGAツアーの試合に戻って来られたら、良い試合ができるよう頑張りたい」。次は笑えると信じたい。(オハイオ州ダブリン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!