ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 全米プロゴルフ選手権
期間:05/20〜05/23 場所:キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース(サウスカロライナ州)

デシャンボー超え366ydドライブ 50歳ミケルソンが一番飛んだ

◇メジャー第4戦◇全米プロゴルフ選手権 最終日(23日)◇キアワアイランドゴルフリゾート・オーシャンコース (サウスカロライナ州)◇7876yd(パー72)

後半16番、フィル・ミケルソンのフォローの風を受けた1Wショットは366ydを記録した。同じ最終組の相手ブルックス・ケプカ361yd、飛ばし屋ブライソン・デシャンボーの363ydをオーバードライブ。キアワアイランドの最後のパー5で一番遠くまで飛ばしたのはメジャー最年長優勝を飾った50歳だった。

<< 下に続く >>

4日間を通じて計測2ホールの平均飛距離は313.1ydで全体15番目。ビッグレフティは若手選手と遜色ないパワフルなショットを今も打ち続けている。今大会、2Iのフェースが割れるアクシデントもあった。近年は筋力トレーニングに加え、ファスティングで減量し、精神面でも瞑想を取り入れるなど様々な角度から今もなお進化にアプローチしている。

加齢に抗い、人よりも努力することで犠牲にしなくてはいけないものもある。一番は「食べ物だ」と笑った。「量を減らして、おいしく食べるようにしないと。多くを食べられないので身体を回復させるようにしなくてはいけない。でもそのおかげで体の調子はいいし、炎症が起こらなくなったり、よく眠れるんだ。それだけの価値はある」

今週月曜日の練習ラウンドでは54歳のスティーブ・ストリッカーとコンビを組み、45歳のザック・ジョンソンと24歳のウィル・ザラトリスを相手にペアマッチで勝負した。ミケルソンは最初の3ホールでバーディを決め、大声で喜んでいた。

ストリッカーは「彼は集中力も高まっていて、プレーにも自信がありそうだった」と明かす。「そうであっても彼は特別な選手なんだ。ゴルフの歴史でもっとも偉大な選手のひとり。健康な体と柔軟性を今も維持し、十分戦えるだけの飛距離もある。彼はこのレベルで戦うための計り知れないほど大きな熱意をまだ持っている。だからこう素晴らしいプレーができるんだ」(サウスカロライナ州キアワアイランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!