ニュース

米国男子AT&Tバイロン・ネルソンの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 AT&Tバイロン・ネルソン
期間:05/13〜05/16 場所:TPCクレイグランチ(テキサス州)

小平智は今週も好発進 グリーンで変えた“コト”と“モノ”

2021/05/14 10:03


◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 初日(13日)◇TPCクレイグランチ (テキサス州)◇7468yd(パー72)

悪天候に悩まされた前日までは、「すごく距離の長いコースだ」とひるむ気持ちもわずかにあった。一夜明けて、空は快晴。ショットにも普段通りの飛びが戻った小平智は「67」の5アンダー34位と、バーディ合戦を繰り広げた上位陣にしっかりついていった。

<< 下に続く >>

スタートホールのバーディを手始めに前半アウトで2アンダー。後半はティショットがわずかに乱れながら、ノーボギーでさらにスコアを伸ばしたのはパッティングがさえたから。ピンチの13番で3mのパーパットを沈め、3mを流し込んだ最終18番(パー5)で6つ目のバーディを決めた。

今季最高の11位で終えた前週「ウェルズファーゴ選手権」から、グリーン上でボールをセットする際、球に記されたラインをターゲットに対してあえて“合わせなく”した。「神経質になりすぎていると思い、アバウトな感じにした。(ボールの)線を合わせるとミスパットをしたかどうか分かるが、感覚の方が悪くなっていた」

さらに今週は愛用するピン型でも、ネック形状の違うパターを新たに投入。「オーダーで細かいところも注文してその通りのものが来て、使ってみようと思った。グリーンによってイメージも、先週とも速さや曲がり方も違う。替えて良かった」と納得の品になった。ストローク・ゲインド・パッティング(パットのスコア貢献度)は「+2.308」と全体で13位にいる。

同伴競技者と競うようにバーディを重ね、元世界ランキング1位のルーク・ドナルド(イングランド)は7アンダー、ブライス・ガーネットは4アンダー。「一緒に回っている人たちもリズムも良かったし、プレーも早かった。自分のリズムも良くなる。ついていければ」。これで満足する気はない。(テキサス州マッキニー/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 AT&Tバイロン・ネルソン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!