ニュース

米国男子マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 マスターズ
期間:04/08〜04/11 場所:オーガスタナショナルGC(ジョージア州)

「ヒデキには経験がある」松山を追う選手の対抗心

◇メジャー第3戦◇マスターズ 3日目(10日)◇オーガスタナショナルGC(ジョージア州)◇7475yd(パー72)

日本人選手として初めてのメジャー制覇を視野に入れた松山英樹。この日唯一ボギーなしの「65」をマークして通算11アンダー。ただ一人2桁アンダーパーに乗せ、マスターズで初めて単独首位に立った29歳を追う後続選手が、対抗心をあらわにしている。

<< 下に続く >>

2日間首位を走ったものの、連日の「72」とスコアを伸ばせず、4打差2位で最終日を迎えることになったジャスティン・ローズ(イングランド)は「このコースで1つスコアを伸ばすのは、すんなりとできることではない。山も谷もあるだろう」といい、「通算7アンダーで追いかけている選手たちは、ヒデキのような活躍ができる可能性があるので、すべては明日にかかっている」と話した。

同じく4打差を追うマーク・レイシュマンはオーストラリア人として2人目のマスターズ制覇がかかるが、「ヒデキが良いプレーをすれば、自分の運命は自分で決められると思う。だが、このコースでは多くのことが起こりうる。私はそれを見てきた」といい、アダム・スコットがプレーオフの末に逆転で豪州勢として初優勝を果たした2013年大会を引き合いに出した。

さらに、松山をとらえられるかと問われ「彼は全体的に安定していて、素晴らしいアイアンプレーヤー。彼がいいプレーをすれば追いつくことはできない。私は自分の仕事をするだけ」と話した。

「(松山との)最終組に入りたかったが、かなわなかった。それでも、4打差であれば、多くの素晴らしいプレーヤーがすぐそばにいる。自分がやっていることを続けて勝負したい」と話したのは、2位をキープした初出場のウィル・ザラトリス。「グリーンジャケットを着たいと思っているし、実現する良い機会を得た」と、2年弱でメジャーの舞台まで一気に駆け上ってきた24歳に恐いものなし、だ。

松山と同じ6位から出て通算3アンダー9位と後退、トップと8打と差が広がったトニー・フィナウは「1桁台の選手の多くは、できるだけ早く2桁台になるようなレースをしなくてはならない。ヒデキには経験がある。彼は世界レベルのゲームを知っている。ただ、ここオーガスタでは何が起こるかわからないので」と話した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!