ニュース

米国男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 全英オープン
期間:07/16〜07/19 場所:ターンベリー(スコットランド)

ワトソンが証明する60歳ゴルファーの力

「全英オープン」の出場資格の中に、“60歳以下の歴代優勝者”という項目がある。以前は65歳以下だったが、数年前に60歳へと引き下げられた。今年の9月に60歳を迎えるトム・ワトソンにとっては、何も起きなければ来年が最後の「全英オープン」になってしまう可能性も否定出来ないのだ。

この年齢制限については、賛否両論が飛び交っている。今年のワトソンが証明するように、59歳でもトーナメントを引っ張る力を持つ選手はいるし、何よりも往年の名選手がプレーしている姿を見るだけでも嬉しいというファンは多いだろう。一方で、より多くの若手選手に出場機会を与えたいという大会の意図も理解はできる。

<< 下に続く >>

もちろん、60歳を過ぎたら大会に出られないということではない。予選会という道も残されているし、ワトソンが今年優勝すれば翌年から10年間のシード権も獲得出来る。この年齢制限は、より実力本位で出場者を決めたいというR&Aの意向なのだろう。

他のメジャー大会は別としても、リンクスコースで開催される「全英オープン」では、明らかに経験がものをいう。この日のワトソンも、攻めと守りの絶妙なバランスでギャラリーを大いに沸かせていた。若手プレーヤーが勢いを増す近年だからこそ、まだまだ数年はワトソンのような熟練したプレーヤーの技も見ていたい。「全英オープン」だからこそ、年齢制限について、R&Aが再考してくれることを願う。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2009年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!