ニュース

米国男子アーノルド・パーマー招待byマスターカードの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード
期間:03/04〜03/07 場所:ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)

痛み「あります」 松山英樹は左手負傷のアクシデント乗り越え予選通過

2021/03/06 09:09


◇米国男子◇アーノルド・パーマー招待 2日目(5日)◇ベイヒルクラブ&ロッジ(フロリダ州)◇7454yd(パー72)

予選通過圏外の87位タイから出た松山英樹は4バーディ、2ボギーの「70」で回り、通算1オーバー53位で決勝ラウンドに進出した。中盤に起きた負傷のアクシデントも、しびれるカットラインとの攻防も、なんとか乗り越えた。

<< 下に続く >>

緊張感あるラウンドに暗雲が垂れ込めたのは折り返しの18番。深い左ラフからの第2打が、グリーン右手前の池に落ちた。「ラフの抵抗に勝とうとしすぎたのか」。打ち直しの4打目の後、4mを沈めてナイスボギーとしたが、心配な要素は別にあった。

左手首から親指付近を右手で押さえて痛がる仕草を見せた。後半3番に入る前にトレーナーにテーピングを巻いてもらい、第1打の後にマッサージ治療を施されたことでプレーを続けられたが、しばらくの間はショットの後のフィニッシュも決まらなかった。

予選カットラインを見上げるプレーが続く中、得意のチッピングが順位を押し上げた。6番(パー5)、「フェアウェイに残るか、グリーンに乗ればと思っていたが、思いのほか飛んでしまった」という第2打はグリーン右のラフに。ピンの向こうは湖、下り傾斜のグリーン面に対してウェッジで高いロブショットを放ち、ピンそば1.5mで止めた。

「練習ラウンドでもあそこから練習していたので。芝の元気もなくなって、乾燥もしていたので(ヘッドが抜ける)ラッキーもあった」と事前の準備が生き、午後のプレー時間帯にも感謝。8番で4つ目のバーディを奪い、週末にコマを進めた。

左手の親指は古傷でもある。「しばらくぶりに痛くなった」。ラウンド中は動揺もあり、ホールアウト後も「痛み? ありますね」と正直だった。

患部のケアを一番に考えながら、決勝の2日間をプレーできることを喜ぶ。「大きいと思います。きょうの後半のプレーがあしたもできたら。4、5打縮められれば面白い位置になるんじゃないかと思う。週末にチャンスを逃さないよう準備したい」。首位と10打差の現状も嘆かない。試行錯誤の36ホールで得るものを大きくしたい。(フロリダ州オーランド/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 アーノルド・パーマー招待byマスターカード




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹が解説するオーガスタ攻略法
松山英樹がオーガスタ18ホールをすべて解説。タップして攻略ポイントを見よう

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!