ニュース

米国男子WGCワークデイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

2021年 WGCワークデイ選手権
期間:02/25〜02/28 場所:ザ・コンセッションGC(フロリダ州)

FWキープはやっぱり100% 稲森佑貴はパットが「もったいない」

2021/02/26 11:48


◇世界選手権シリーズ◇WGCワークデイ選手権 初日(25日)◇ザ・コンセッションGC (フロリダ州)◇7474yd(パー72)

フェアウェイキープ率は開幕前の「自信はあります」という宣言通りの100%。初めて米本土での試合に臨んだ稲森佑貴は持ち味を発揮したが、パッティングで苦しんだ。「せっかくグリーンに乗っているのに、その分もったいない」という4バーディ、5ボギーの「73」。1オーバー44位タイでのスタートに唇をかんだ。

<< 下に続く >>

平均飛距離は279.9ydながら、「思っていたよりも飛距離が出て、練習ラウンドのときよりも(2打目以降で)比較的、短い番手を握れた」という。出だし10番から2連続ボギーをたたきながら、残り140ydをピンそば1mにつけた後半1番までに3バーディを決めて1アンダー。その流れをグリーンで寸断してしまった。

痛かったのが6番(パー3)。1.5mのバーディチャンスから3パットでボギーにした。「欲が出てしまった。『弱いとすぐに切れる』と(頭に)染みついていたので、強めに狙ったらそれがあだになった」。ファーストパットはスライスラインでカップの左を通過。返しのフックラインは右を過ぎる読みのミスだった。

パー3を除く全ホールでフェアウェイをとらえ、ティショットの精度は当然トップ。一方でストローク・ゲインド・パッティング「-4.169」は出場72人で71位。ティイングエリアとグリーンで明暗が分かれる1日に「パットがひどい。もったいないゴルフ」と繰り返した。

日本国内にはほとんどない、フロリダ特有のバミューダ芝も勉強しているところ。「ショートパットを確実に、ミドルパットも入れられるようなゴルフができれば」。満足する様子は微塵もなかった。(フロリダ州ブラデントン/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 WGCワークデイ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!