ニュース

米国男子ソニーオープンinハワイの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 ソニーオープンinハワイ
期間:01/14〜01/17 場所:ワイアラエCC(ハワイ州)

スティールはリベンジなるか 今田竜二以来のプレーオフ敗退→翌年Vへ

◇米国男子◇ソニーオープン in ハワイ 3日目(16日)◇ワイアラエCC(ハワイ州)◇7044yd(パー70)

通算18アンダーで単独首位に浮上したブレンダン・スティール。ここホノルルでは2年連続でトーナメントリーダーとして最終日を迎えることになった。

<< 下に続く >>

一年前はスタート時点で3打リードしていた2位キャメロン・スミス(オーストラリア)に最終18番(パー5)のバーディで並ばれ、プレーオフの末に敗れた。「去年はキャメロンが素晴らしかった。自分がやったことはすべて良かったし、過去に優勝したときと何か違うことをしたとは感じていない。あすも同じようにプレーして、それがうまくいけば十分だと思う」と振り返る。

ボギーなしの9バーディ「61」はキャリアベストだった。フェアウェイを外したのは、わずか1ホール。92.86%を記録したフェアウェイキープ率は3日間トータルでも76.19%でフィールド1位タイを走る。パーオン率も3日続けて80%を超え、ショットの安定感は際立っている。

2年連続の優勝争いでコースとの好相性も感じさせるが、実は昨年が2011年大会以来となる2回目の参戦。PGAツアー初出場でもあった10年前に予選落ちを喫し、「自分のスタイルに合ったコースじゃない」と敬遠してきた。

久々のエントリーのきっかけは、キーガン・ブラッドリーの熱心な誘いだったとか。大きなフックボール一辺倒だったというデビュー時のプレースタイルから進化し、多彩な球筋を操れるようになったことで、かつて苦手意識を植え付けられた舞台で再びトップに立つ。

プレーオフ敗退の翌年に同じ大会を勝てば、2008年「AT&Tクラシック」を制した今田竜二以来のこと。「タフな戦いになることは分かってるよ。みんなが僕を追いかけてくるからね。ベストを尽くして、ネガティブな記憶を払拭(ふっしょく)したい」と力を込めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 ソニーオープンinハワイ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!