ニュース

米国男子AT&Tクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 AT&Tクラシック
期間:05/15〜05/18 TPCシュガーローフ(ジョージア州)

今田竜二が大逆転!ついに米ツアー初優勝!!

ジョージア州にあるTPCシュガーローフで開催されている、米国男子ツアー第20戦「AT&Tクラシック」の最終日。首位と3打差の10アンダー6位タイからスタートした今田竜二が、5ストローク伸ばし通算15アンダーでフィニッシュ。最終組でラウンドしたケニー・ペリーと並び、2年連続でのプレーオフ進出を果たした。

迎えた1ホール目、ペリーの2打目はグリーン奥の木にあたり、勢いよく跳ね返ったボールはグリーンを通りぬけ池に消えた。その後、4打目でグリーンに乗せ、パーパットを外したペリーに対し、今田は確実にパーをセーブ。結果、今田竜二が、米ツアー参戦10年目にして悲願の初優勝を果たした。

今田は、昨年の大会で同年マスターズを制したザック・ジョンソンとのプレーオフに挑んだが、1ホール目で2打目を池に入れ敗退した。開催コースとの相性もよく、今季これまで2度も2位に入るなど好調なゴルフをしているだけに、優勝候補に挙げられていた。今大会は初日が雨のためサスペンデッドになり暫定40位タイと少し出遅れたが、2日目に16位タイに浮上すると、決勝ラウンドに入り3日目にはベストスコアの「65」をマークし6位タイに浮上。そして最終日、5アンダー「67」をマークし首位に並んだ。

日本人選手が米ツアーで優勝するのは青木功丸山茂樹に続き3人目。2003年の「クライスラークラシック of グリーンズボロ」で丸山が優勝して以来の快挙となった。この結果、今田は今週の賞金を加算して賞金ランキングは4位に浮上。09年の「マスターズ」出場も確定した。

今田と1打差の14アンダー単独3位には、この日6ストローク伸ばしたカミロ・ビジェガス(コロンビア)、13アンダー単独4位は予選2日間首位をキープしたジョナサン・バード。大会連覇を狙ったザック・ジョンソンは、5アンダー34位タイに終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 AT&Tクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。