ニュース

米国男子セントリートーナメントofチャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ
期間:01/07〜01/10 場所:プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)

「パー5しか獲れてない」 松山英樹は終盤に盛り返すもスロースタート

2021/01/08 12:46


◇米国男子◇セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 初日(7日)◇プランテーションコースatカパルア(ハワイ州)◇7596yd(パー73)

過去3度出場したカパルアではトップ5を外していない松山英樹だが、今年は初日に3バーディ、3ボギーのイーブンパー37位。首位と8打差のスロースタートで21年初ラウンドの幕を開けた。

<< 下に続く >>

「オーバーじゃなかったのは救いだけど、このコースだとすごく悪い結果だなっていう感じです」と、上がり4ホールで2バーディを取り返して、なんとかオーバーパーは回避したものの、バーディラッシュを見せた上位とは差をつけられた。

この日はグリーン上のパフォーマンスが大きく足を引っ張った。スタートホールの1番から3パットのボギーとすると、中盤は6番2.5m、8番1.5m、9番1.5mとバーディチャンスにつけながらカップに嫌われ、12番は80cmを外して3パット。この日のストローク・ゲインド・パッティングは「-4.4」の最下位で、「パッティングは結構練習してきたので、いけるかなと思ったけど…」と想定外の結果を悔しがった。

マウイ入りする前のホノルルで練習中に1Wのヘッドが割れて、1Wは「まだうまく調整できていない」というものの、「アイアンの距離感も合っていたし、チャンスにも付けられた」とグリーンにたどり着くまでに大きな問題は出ていない。

今回は予選落ちがなく、4日間が保証されているのが幸いだ。「パー5でしかバーディを獲れていないのが残念。一つ良いパットが入ってくれれば、もうちょっとスコアも伸びると思う」と、残り3日間での巻き返しに向けて力を込めた。(ハワイ州カパルア/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2021年 セントリートーナメントofチャンピオンズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!