ニュース

米国男子全米オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 全米オープン
期間:09/17〜09/20 場所:ウイングドフットGC(ニューヨーク州)

「フェアなセッティング」も…ウッズはダボ締め8打差発進

◇メジャー第1戦◇全米オープン 初日(17日)◇ウィングドフットGC(ニューヨーク州)◇7477yd(パー70)

サディスティックなまでのセッティングが議論の的になるのが恒例の「全米オープン」だが、初日を終えたタイガー・ウッズは「彼ら(USGA)が望めば、もっと難しくできるだろうけど、きょうのホールロケーションはバーディチャンスも与えていて、非常にフェアだと思った。スコアを見ても、それを生かした選手が多かった」と冷静に評した。

<< 下に続く >>

前回同じコースで行われた2006年「全米オープン」に続いて出場する選手は15人。ウッズもその1人だ。父・アールさんが亡くなって間もないタイミングでもあった14年前は2日間でわずかバーディ3つ、ダブルボギーも3つ、通算12オーバーで予選落ち。この日は5バーディを奪った一方、6ボギー1ダブルボギーと出入りの激しい18ホールとなった。

後半10番(パー3)と11番で7m、6mを立て続けに沈め、反撃を予感させた。流れを停滞させたのは12番(パー5)。「いいバーディパットを打って入るかと思ったんだけど、(カップのふちを回って)リップアウトしたんだ」。3連続バーディを逃すと、13番(パー3)から連続ボギーをたたいた。

16番では12mの長いバーディパットを決めたが、17番のボギーで吐き出し、最終18番はグリーン手前からの3打目をミスして傾斜で戻され、4オン2パットのダブルボギー。同組で首位発進したジャスティン・トーマスにいきなり8打差をつけられた。「これは長いマラソンのようなトーナメントだ。いろいろなことが起こり得る。ただ、もう少しラウンドをうまく終わらせたかったな」と締めくくりを悔やんだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 全米オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!