ニュース

米国男子ツアー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ツアー選手権
期間:09/04〜09/07 場所:イーストレイクGC(ジョージア州)

3打差プレーが9打差に 松山英樹「最初決めきれなかった」

2020/09/05 08:33


◇米国男子◇ツアー選手権 初日(4日)◇イーストレイクGC(ジョージア州)◇7346yd(パー70)

松山英樹は2バーディ、2ボギーの「70」と伸ばせず、通算4アンダー14位。「ティショットとグリーン上が良くなかった」と首を振り、トップとの差はスタート時の6打から9打に開いた。

<< 下に続く >>

フェデックスカップポイントランキング10位で7年連続の最終戦。30人のみのエリートフィールドを見渡しても7年以上連続での進出は3人しかいない。1番から前週投入したスリクソンの新1W「ZX5」で322yd先のフェアウェイを気持ちよく捉えたものの、5.5mのバーディパットを決められずパーで滑り出した。

4番までバーディパットを打ち続けるプレー。序盤に安定していたティショットをスコアにつなげられずにいると、5番で左の林に突っ込み、ボギーが先行した。6番(パー5)はグリーン手前ラフから3打目のアプローチが2.5m残ってパーにとどまり、続く7番ではティショットが右へ。花道からの3打目を寄せきれず、カップをのぞき込むようなパーパットは左の真横で止まって2つ目のボギーをたたいた。

「なかなか思うようなティショットが打てないとチャンスもないですし、最初の方で決めきれなかったのが、オーバーでターンする原因になった」。上位が遠のく展開でこの日初めてのバーディは後半13番。8m近いスライスラインを流し込んだ。

16番では珍しくフェアウェイからのアイアンショットでグリーンを外しながら2mのパーパットをねじ込んで耐え、17番で4m強を沈めるバーディ。スタート時のスコアに戻したが、2つしかないパー5の最終18番もティショットを左足下がりの左ラフに入れ、パーでフィニッシュした。

1Wの使用は継続しつつ、グリーン上は前週使った黒いシャフトを挿した黒いヘッドのピン型パターからチェンジした。「アイアンに関してはすごく良かった。ほかのドライバーとパッティングをうまくできれば、いいスコアで回れると思う」。首位キープのダスティン・ジョンソンは「67」だったが、日々のストローク差以上の数字が結果となるハンディキャップ戦。淡々と修正ポイントを分析し、爆発的な巻き返しが求められる残り54ホールへの闘志は内に秘めた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ツアー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!