ニュース

米国男子WGCフェデックス セントジュード招待の最新ゴルフニュースをお届け

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待
期間:07/30〜08/02 場所:TPCサウスウィンド(テネシー州)

大舞台でよみがえったケプカ 自己ベストタイ「62」で連覇へロケットスタート

◇世界選手権シリーズ◇WGCフェデックス セントジュード招待 初日(30日)◇TPCサウスウィンド(テネシー州)◇7277yd(パー70)

やはりビッグトーナメントでは侮れない。ブルックス・ケプカが9バーディ、1ボギーの「62」と爆発力を発揮し、8アンダーで単独首位発進を決めた。出だし1番からいきなり4連続バーディを奪うなど、2016年「シュライナーズホスピタルforチルドレンオープン」初日にマークしたツアー自己ベストに並ぶビッグスコアで後続に2打差をつけた。

<< 下に続く >>

昨年痛めた左ひざの不安から低迷が続き、大会前の時点でフェデックスカップランキングは155位とプレーオフ進出圏外に沈む。最悪の状態でディフェンディング大会となる世界選手権シリーズ(WGC)を迎え、さらに次週は3連覇を狙う「全米プロ」。王者は必死の調整を続けていた。

前週予選落ちした後にスイング担当のクロード・ハーモンIII、ショートゲーム担当のピート・コーウェンといったコーチ陣と腹を割って話し合い、改善ポイントを洗い出した。ロリー・マキロイ(北アイルランド)やジャスティン・ローズ(イングランド)を指導してきたフィル・ケニオンに「苦戦している。助けてくれ」と打ち明け、新たにパッティング担当としてチームに加わってもらった。

執念が実った。「ミスの原因がどこにあるのか、クラブが正しい位置にあるのか、パッティングがどうなっているのか、ようやくわかった気がしたよ」。パッティングでトゥ側に置いていたボールをセンターに近づけるなど修正を加えたことで左手のストロークの感覚が良くなり、ゴルフスイング全体にも好影響が出たという。

シーズンで「-0.111」と140位だったストロークゲインド・パッティングは、この日フィールド4位の「+3.066」を記録。ショットの貢献度を示す「ストロークゲインド・ティtoグリーン」に至っては、自己最高となる「+4.639」をたたき出した。

2006、07年と前身大会「ブリヂストン招待」を制したタイガー・ウッズまでさかのぼるWGC連覇の高いハードル。驚異的な勝負強さを見せつけてきたこの男なら、越えていってしまうかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 WGCフェデックス セントジュード招待




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!