ニュース

米国男子ザ・メモリアルトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

2020年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:07/16〜07/19 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

2020年 ザ・メモリアルトーナメント
期間:07/16〜07/19 場所:ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)

痛恨!パー5で「10」 訴え実らずデシャンボーは優勝次戦で予選落ち

◇米国男子◇ザ・メモリアルトーナメント 2日目(17日)◇ミュアフィールドビレッジGC(オハイオ州)◇7456yd(パー72)

シーズン再開後の話題の中心は、依然としてブライソン・デシャンボーか。今季初勝利を飾った2週前の「ロケット・モーゲージクラシック」以来の出場試合は、ビッグトラブルが視線を集めた。後半15番(パー5)で2度OBを喫し、1ホール自己ワーストの「10」を記録。1オーバーから「76」で回り、通算5オーバーで予選落ちした。

<< 下に続く >>

ボギーとバーディが入り乱れる派手なスコアカード。この日のデシャンボーにとって最後のパー5で、予想だにしないプレーが続いた。第1打を左のクリークに入れ、ドロップ後のフェアウェイウッドでの第3打は、ドローがかからず大きく右へ。打ち直しの5打目も同じ方向に飛び、その場から暫定の7打目も打った。

右サイドのラフ、民家との仕切りの鉄柵の下で“3打目”のボールを見つけたデシャンボーは、競技委員から「OB」の裁定を受けた。すると、「納得いかない。セカンドオピニオンを聞きたい」と別の競技委員を呼んで「僕の見方ではセーフだ」だと主張。過去に「アーノルド・パーマー招待」でフィル・ミケルソンが似た状況から打ったシーンを例に出し、「柵を飛び越えて向こうから打てないかな」と訴えたが、境界線となる鉄柵の棒の面をボールが越えていると判断された。

結局8オン2パットで、ダブルパー。昨年の「WGCフェデックスセントジュード招待」以来、約1年ぶりに2ラウンド続けてオーバーパーをたたき、予選で姿を消した。ちなみに両ラウンドのドライビングディスタンスは平均330.6yd、350.0ydでいずれもトップだった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2020年 ザ・メモリアルトーナメント




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!