ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

現役最終戦でプレーオフ惜敗 36歳サマーヘイズがツアープロから教師へ

◇米国男子下部◇ユタ選手権 最終日(28日)◇オークリッジCC(ユタ州)◇7045yd(パー71)

地元ユタ州のホームコースで行われる今大会でツアープロからの引退を表明していたダニエル・サマーヘイズは、最終日に9アンダー「62」のベストスコアをマーク。29位から首位に並んで3選手によるプレーオフに進出したが、その1ホール目にボギーをたたいて2位に終わった。

<< 下に続く >>

36歳のサマーヘイズは妻エミリーさんとの間に、12歳の長男を筆頭に4人の子どもがいる。今年2月に両足にメスを入れ、新型コロナウイルスの自粛期間もあって「自分が何をやりたいのか、多くのことを考える時間があった」。今秋には以前から考えていた教師に転職し、母校のデービス高で生徒たちを教える傍ら、高校のゴルフコーチとしても指導をする予定という。

地元紙の取材に「いま言えることは、トーナメントで戦う興奮より、家に居て子どもたちの日々の生活の一部となり、妻と一緒にいることの満足が上回ったということ。それに、地元コミュニティの一人として、毎日、毎週、毎月を過ごしたい」と答えている。

ユタ州ファーミントン出身のサマーヘイズは、ブリンガム・ヤング大在学中の2007年、米下部ツアーで史上初のアマチュア優勝を果たし、その3日後にプロ転向。11年から8シーズンをPGAツアーで戦い、優勝こそ届かなかったが2位2回、16年の「全米プロ選手権」で3位に入るなど、キャリア通算で10億円余りを稼いでいる。

サマーヘイズの最終戦は無観客の中で行われたが、キャディバッグは兄が担いだ。フィールドには推薦出場した甥と、そのキャディを務めたもう一人の兄がいて、コース外からはフェンス越しに家族たちが声援を送っていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
2020年 全米プロゴルフ選手権
2020年「全米オープン」は6日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!