ニュース

米国男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/09〜08/12 場所:サウスヒルズメダイナCC(オクラホマ州)

背中を痛めているジム・フューリックの様態は!?

「カナディアンオープン」で今季初勝利を挙げ、このまま勢いに乗るかと思われたジム・フューリック。しかし、続く「WGCブリヂストンインビテーショナル」では練習中に背中を痛めて棄権をしている。今週行われるメジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」の参戦が気になるところだが・・・。

ジム・フューリック
「まだ、背中が張って痛みもありますが、毎日具合が良くなるように祈るだけです。先週末、軽く練習しましたが、練習というよりは、スイングの際にどれだけ痛むかをチェックしただけで終わりました。その後、オハイオまで飛行機で移動したことが響いて、痛みがひどくなってしまいましたね。明日からの2日間も治療を受けるつもりです。思うように練習やラウンドができないのは残念ですが、“全米プロゴルフ選手権”を欠場するつもりはありません。木曜日までに良くなるよう願っています。」

記者
「あなたは“カナディアンオープン”で優勝して波に乗っていましたが、背中の故障によって、精神的にも勢いを削がれてしまった気分でしょうか?」

ジム・フューリック
「そうですね。先週の“ブリヂストンインビテーショナル”には出場しなかったので、普段のオフと同じようにゆっくり休む一方、週末は練習も行いました。メジャーの前の週だったので、もっと多くのボールを打ちたかったと思いますけどね。肉体的、そして、技術的には準備万端とは言えませんが、“全米プロゴルフ選手権”にかける意欲は衰えていません。前向きな気持ちが、早い回復につながればと思っています。明日からの2日間、背中の具合が良くなるように、出来る限りのことをするつもりです。まず、練習のし過ぎに注意したいですね。無理をせずに、回復を待つだけと思っています。」

記者
「この蒸し暑さはプラスとマイナス、どちらに働くと思いますか?」

ジム・フューリック
「私は暑さの中でプレーをするのが好きなんです。多くの選手が汗だくのラウンドを嫌がるものですが、私は気になりません。それに、気温が高くなれば体の痛みを感じませんからね。摂氏38度になっても全く苦になりませんよ。」

ジム・フューリックタイガー・ウッズは、共に今年の「全米オープン」で2位タイ。2人のその後の成績を比べると、それぞれ1勝を上げるなど好プレーを続けている。しかし、フューリックは背中の故障に悩んでいるだけに、「全米プロゴルフ選手権」でどんなプレーを見せるかどうかが注目される。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2007年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!