ニュース

米国男子の最新ゴルフニュースをお届け

タイガー・ウッズが殿堂入りの最終候補に

世界ゴルフ殿堂は3日(火)、2021年の殿堂入り最終候補の10人を発表した。メジャー通算15勝のタイガー・ウッズ、同3勝のパドレイグ・ハリントン(アイルランド)、女子メジャー2勝のサンドラ・パーマー、ドッティー・ペッパー、前PGAツアーコミッショナーのティム・フィンチェム氏らがノミネートされた。

1974年に制定された世界殿堂は今年、候補者の対象年齢を50歳以上から45歳以上に引き下げた(2016年に40歳から50歳に変更)。ウッズは12月に45歳になる。

<< 下に続く >>

現在は2年に1回発表され、2019年はレティーフ・グーセン(南アフリカ)、オーガスタナショナルGCの前チェアマンであるビリー・ペイン氏ら5人が選ばれた。

日本人では樋口久子(2003年)、青木功(04年)、岡本綾子(05年)、尾崎将司(11年)が殿堂入りを果たした。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!